エンジニアの将来って?

現在7年目のCOBOL→Java→C#エンジニアが、将来への考えや勉強のアウトプット、たまに腎臓について書くブログです

【SQL Server】データベースをバックアップする方法を解説します

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。
この記事では、SQL Serverデータベースバックアップする方法を解説します。

スポンサーリンク

 

前提条件

この記事では、Microsoft SQL Server2017を使っています。
インストールの仕方は、下の記事をご参考ください。

www.tairax.com

解説で使うデータベースとテーブル

バックアップの解説で使うデータベースは、【Sample】という名前のデータベースです。

f:id:Tairax:20190701215126p:plain

この【Sample】データベースのバックアップを作ります。

データベースのバックアップの方法

【表示】タブを開いて、【オブジェクトエクスプローラー】を選択します。

f:id:Tairax:20190701220223p:plain

バックアップしたい【Sample】データベースを選択した状態で

f:id:Tairax:20190701215558p:plain

【Sample】の上で右クリックをします。

f:id:Tairax:20190701215843p:plain

  1. タスク
  2. バックアップ

の順でクリックします。

すると

f:id:Tairax:20190701220559p:plain

データベースをバックアップする画面がポップアップします。
この中の

f:id:Tairax:20190701220757p:plain

赤枠で囲っている箇所が、データベースのバックアップを保存する場所です。

このまま【OK】ボタンを押せば、もう【Sample】データベースのバックアップができちゃいます。
もちろん、バックアップの保存先を変更したり、追加することも可能です。
保存先を変更するには

f:id:Tairax:20190701221243p:plain

【追加】ボタンを押します。

f:id:Tairax:20190701221438p:plain

バックアップ先の選択できる画面がポップアップします。
この中の

f:id:Tairax:20190701221553p:plain

赤枠で囲っている【…】の部分をクリックします。

f:id:Tairax:20190701221758p:plain

データベースファイルの検索できる画面がポップアップします。
ここでバックアップの保存先を指定したり、バックアップのファイル名を指定することができます。
今回は

f:id:Tairax:20190702000317p:plain

C直下にある【work】フォルダ内に、【Sample.bak】という名前で保存します。
こんな感じで、バックアップは必ず【Microsoft SQL Server】フォルダの中に保存しなければならないということはありません。
保存先とファイル名が決まったら

f:id:Tairax:20190702000552p:plain

【OK】ボタンを押します。

f:id:Tairax:20190702000905p:plain

バックアップ先の選択画面に戻ってきました。
ファイル名の中が指定した内容に変わっています。
問題ないので、【OK】ボタンを押します。

f:id:Tairax:20190702001145p:plain

バックアップ先に指定したフォルダが追加されています!
ただこの状態で【OK】ボタンを押すと、2か所でバックアップが作成されます。
デフォルトで作成された

f:id:Tairax:20190701223633p:plain

赤枠で囲っている保存先を削除します。
削除の仕方は

f:id:Tairax:20190701223805p:plain

削除したい保存先を選択した状態で、【削除】ボタンを押します。

f:id:Tairax:20190702001429p:plain

削除できましたね!

f:id:Tairax:20190702001604p:plain

では、【OK】ボタンを押してバックアップを作成しましょう!

f:id:Tairax:20190701224346p:plain

無事成功しました!
【OK】ボタンを押して、画面を閉じます。

では、本当にバックアップが作成されているか確認します。

f:id:Tairax:20190702001748p:plain

【work】フォルダ直下に【Sample.bak】が作成されていることが確認できました!

まとめ:バックアップを作ってみよう

以上がSQL Serverでテーブルのバックアップを作成するやり方です。

あなたのご参考になったのなら、とても嬉しいです(*´▽`*)
ではでは~(・ω・)ノシ

 

他にもSQL Serverについて記事を書いています。
良ければこちらもご参考ください。

【SQL Server】SELECTで出した結果をcsvに出力する方法を解説します

【SQL Server】Transact-SQLとは?解説します

【SQL Server】特定のテーブルのスキーマとデータをInsert文でエクスポートする方法を解説します