エンジニアの将来って?

現在6年目の元COBOL現Javaエンジニアが、将来への考えや勉強のアウトプット、たまに腎臓について書くブログです

約3年勤めた会社を退職しました。

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。
この記事は 退職エントリです。
私は2018年7月31日をもって、約3年勤めた会社の仕事が終わりました
本当に会社を退職するのは8月中旬で、それまでは有給休暇消化になります。

この記事では、今までお世話になった会社への感謝と、退職する理由、そしてこれからについて書いていきます。

f:id:Tairax:20180801093826p:plain

約3年本当にお世話になりました

本当にお世話になりました。
この場を借りて感謝します。

退職した会社をJとします。
私は会社Jに入社したのが2015年の秋。
面接して頂いたときの当時の私のスペックは

  • Javaを勉強してるけど、実務経験なし
  • エンジニアだけど、開発経験COBOL3年のみ
  • 上司のパワハラによって、うつ状態になり2カ月休職からの1カ月無職
  • うつ状態から復活したばっかり

という人事採用担当なら、危なっかしくて採用したくないスペックでした。

そんな私を会社Jは拾って頂きました。
そして、優しく迎えて頂きました。
入社研修でJavaを改めて教えて頂き、現場に配属されたら上司に優しく指導して頂きました。
今私がJavaエンジニアであると名乗れるのも会社Jのおかげです。

私は新卒で入社した会社で約3年働いても、尊敬できる上司に会いませんでした。
転職して初めて、エンジニアとして尊敬できる上司に出会うことが出来ました。

前の会社では3年働いても尊敬できる上司はいなかったのに、この会社では働いて3週間で良い上司に会えた!

あの感覚は約3年経った今でも、忘れることが出来ません。

また私が2016年の夏に急性腎盂腎炎で入院した時も大変お世話になりました。

結構迷惑をかけたのに、毎度毎度フォローして頂きました。
仕事でも飲み会の場でも楽しく過ごさせて頂きました。

この記事を見てないと思いますが、本当にありがとうございました。

何故退職を決意したのか

ここまで書くと

 

え?じゃあ辞める必要ないんじゃないの?

 

て思われる方が大半だと思います。
それでも私が退職を決意したのは2つあります。

今の会社の働き方はおかしい?

働き方がおかしいのでは?と疑問を抱いたのが↓を読んだからです。

tech.nikkeibp.co.jp

tech.nikkeibp.co.jp

axia.co.jp

axia.co.jp

会社Jはまさに客先常駐
ちょっと調べてみたら業務委託契約という実際の法律には存在しない怪しいにおいがプンプンする契約結んでました。
うちの会社はSESという偽装派遣をしてるのではないか…

そう思わざる負えませんでした。
そして、段々客先常駐じゃなくて、自社内開発で働きたいという思いが大きくなっていきました。

金の切れ目が縁の切れ目

そんな悶々と考えているとき、決定打がありました。
年度末の評価の昇給結果が約束したものより大幅に低かったからです。

2017年の冬、会社の役員の方と面談していたときです。
今の仕事のこと、今後のことを話していた流れで、年度末の評価の話になりました。

 

たいらなら、次の評価で2万円昇給は確実だな

 

と言われて実際の評価結果を見てみたところ

1万3000円しか上がらなかった。
残り7000円どこ行った。

自分が所属しているグループのリーダーやマネージャーが言ったなら、1000歩譲って許せる。
だが、会社の役員が言ったとなれば話は別。絶対許さない。

こうして私は会社を退職する決意を固めました。

これからの予定は

2018年8月中旬まで有給休暇消化で夏休みです。

次の仕事は決まってません!!!
なので、就職先を早く見つけないと、保険がやばいw
私は入院経験があるので、余計にやばいwwww

さいごに

私は仕事を妥協して選ぶつもりはありません。
自分が納得の行くまで、転職活動を続けます。

いくらエンジニアは人材不足だから転職しやすいと言っても、会社はホワイトから超絶ブラックまであります。
行きたいこと、やりたいことを見極めて転職したいと思います。

転職活動も頑張りますが、ブログをおろそかにするつもりはありません。
これからも勉強したことや、エンジニアについての記事をどんどん書いていきたいと思っています。
よろしければ当ブログと今後ともお付き合いくださいますようお願い致します。