エンジニアの将来って?

現在7年目のCOBOL→Java→C#エンジニアが、将来への考えや勉強のアウトプット、たまに腎臓について書くブログです

スーツと私服、どっちで働くかのメリット・デメリットを両方で働いたことがある私がご紹介します!

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。

私はWebエンジニアとして働いています。
仕事がエンジニアというと服装は私服で働いていると考えられるかもしれませんが、そうではありません。

エンジニアの服装は現場によって違います。
たとえばWeb系のシステムを開発する現場は私服OKでも、金融系のシステムを開発する現場はスーツ絶対とかですね。

私はスーツ絶対な現場も私服OKな現場もどちらも働いたことがあります。
そんな私が考えるスーツと私服で働くメリット・デメリットをご紹介します。

スーツで働くメリット・デメリット

ここではスーツで働くメリット・デメリットを書いていきます。

f:id:Tairax:20180128223625p:plain

スーツで働くメリット

私が考えるスーツで働くメリットは次の通りです。

  1. 毎朝服装を悩まなくてよい
  2. 洗濯物が少ない
  3. オンオフの明確なスイッチになる
  4. 転職活動で面接に行きやすい

毎朝服装を悩まなくてよい

これ結構メリットだと思います。
私服だと前日に着た服着れないですから、

 

何を着ていこうかなあ

 

毎朝悩みます。
逆にスーツだと淡々と選んで着ればいいだけですからね。
朝から頭を使わなくて済むのはメリットだと思います。

洗濯物が少ない

1人暮らしだと洗濯物って休みを利用して、一気にやられる方が多いかと思います。
仕事で着る服がスーツだと、溜まった洗濯物ってシャツ、下着、タオル、パジャマくらい。
1週間溜めても洗濯機1回すれば終わってしまう量なので、洗濯物なのは嬉しいポイントです。

オンオフの明確なスイッチになる

仕事をビシッとやるとき、プライベートでだらけるとき、その気分の切り替えはスーツが手助けしてくれます。

いわばスーツは戦闘服。
スーツを着ると

 

これからやってやるわー!

 

と頭が強制的に仕事モードになるスイッチになります。
なので、スーツを着る着ないでオンオフを明確にすることができます。

転職活動で面接に行きやすい

転職活動をすると、絶対しなければならないのが面接です。
面接の服装は私服OKな会社もありますが、基本スーツです。
普段からスーツを着ていると、何も準備しなくて良いのでです。

スーツで働くデメリット

私が考えるスーツで働くデメリットは次の通りです。

  1. お手入れが大変
  2. その人らしさを失う

お手入れが大変

スーツは私服のように洗濯できる種類もありますが、基本クリーニングに出す必要があります。

季節ごとや、夏は汗が気になるので1か月ごとくらいに出すなどお手入れに気を付けなければいけません。
またズボンはしわにならないように、その日に着たズボンはズボンプレッサーをかける必要があります。

きれいに保つためとはいえ、この手間は大変めんどくさい。。。
私はスーツで働いているときは3日に1日はサボってました(^_^;)
めんどくさがりやにとってスーツのお手入れは結構ストレス感じます。

その人らしさを失う

私がスーツ絶対の現場にいたとき、周りを見渡すと黒、!!たまにグレー

と、他の人と多少違いはあれど、ほぼ同じ格好なので、その人の個性を出せなくなります。

 

自分らしさを出したい!!

 

という思いを持っている方は耐えるのが難しいのではないかと思います。

また新卒のお決まりのスーツ集団とかを見ると私は

 

新卒だから大変だろうけど、頑張ってほしい!

 

と思うと同時に

 

個性が埋没してるなあ。。。

 

と思います。
なのでスーツを着るとその人らしさを失わせるように感じます。

私服で働くメリット・デメリット

ここでは私服で働くメリット・デメリットを書いていきます。

f:id:Tairax:20180128230015p:plain

私服で働くメリット

私が考える私服で働くメリットは次の通りです。

  1. ストレスが軽減する
  2. 電気代節約につながるかも

私服の1番のメリットは。これに尽きます。
私はスーツ絶対の現場ばかりいたので、私服がこれほど楽なのか知りませんでした。
革靴じゃないので歩くの楽ですし、私服なんでどんな姿勢とってもいいですし。
私なんかイスの上で胡坐して仕事してますからね。
自分が1番集中できる姿勢で仕事できます。

ストレスが軽減する

私服だと自分の好みの服を着ることができます。
自分が好きな服を着るということは、それだけでも気分が上がります。
またスーツを着ることがストレスだと感じている方もおられます。
私服を着ることで、そのストレスの原因が無くなるわけですからね。
ストレスフリーになり、精神面でも身体面でも良い影響がでるかと思います。

電気代節約につながるかも

これは結構以外に思われたかもわかりません。
私服はスーツと違って自由度が高いからなせるものです。
夏は半そでシャツやTシャツ。
冬はトレーナーや暖かパーカーを着れば良いわけです。
つまり、スーツと違って、個人単位で服で温度調節ができるのでクーラーの使用頻度をスーツより下げることができるのでは、と考えています。
私服にすると多少地球にやさしくできると私は考えています。

私服で働くデメリット

私が考える私服で働くデメリットは次の通りです。

  1. 洗濯物が多い
  2. 毎朝着る服に悩む
  3. オンオフの明確な境目がない
  4. スーツを着たくなくなる
  5. 転職活動で面接で大変

スーツのメリットで書いたことが私服ではデメリットになります。

洗濯物が多い

私服なので毎日洗濯物が出てきます。
なので洗濯物が倍増します。
私は休みの日に一気に洗濯するので、2,3回洗濯機まわします。
洗濯の手間が増えるのはめんどくさいですね。

毎朝着る服に悩む

スーツのメリットで書いた通り、私服だと毎朝何を着るかを悩みます。

 

昨日着たのはあんな感じだったから、今日はこういう風のがいいかなあ。。。

 

と毎朝考えます。適当で良いと言えば適当で良いんですが、私は多少考えちゃいます。
服の組み合わせを考える必要があるのはストレス感じるポイントだと思います。

オンオフの明確な境目がない

仕事してても、プライベートの時も私服。
自分で何かしらオンオフの区切りを付けることができるようにする必要があります。
私の場合は、仕事ではコンタクト、プライベートではメガネと分けてオンオフを区切るようにしてます。
このように何かしら区切りをつけることができるような工夫をしないと、仕事でもプライベートでもずるずる引きずってしまう危険性があります。

スーツを着たくなくなる

1番のデメリットはこれかもわかりません。
私服で仕事してると、楽なのが体に染みついちゃってスーツがになるんです。
私が今そうです。ww
もうスーツには戻れないですね。
当たり前ですが、現場の服装はスーツも私服もOKにしとく方が選択肢は広がります。
なので、楽になったのはいいんですけど、その楽の味をしめちゃってもう戻れなくなります。(実体験)

転職活動で面接で大変

スーツのメリットでも書きました転職活動についてです。
私服で働いていると、デメリットになります。
普段私服で働いているのにいきなりスーツで出勤すると

 

え?スーツ着るっておかしくない?
あ!もしかしたら・・・

 

という風に速攻でばれます。
私服だといざという時に困ります。

まとめ:スーツと私服、どっちも一長一短

いかがだったでしょうか?
スーツと私服それぞれのメリット・デメリットをあげてみました。
どちらにしろ働きやすい、自分が1番効率よく働ける服で働くのが1番ですよね!
私の意見を言わせ頂くならば

私服で仕事最高!!!

ですね。
この記事が皆さんのご参考になれば幸いです。
ではでは~(* ̄▽ ̄)ノ

 

ほかにもエンジニアのあれこれについて書いています。
よければご参考ください。

エンジニア6年目の私から見たエンジニアのいろんな男女比率

毎日最低1時間勉強している私がお伝えする、勉強を始めたきっかけと続けるコツ