エンジニアの将来って?

現在8年目エンジニアがプログラムの解説、ゲームの研究を書く雑記ブログです

【Java】Seasar2のエンティティアノテーションまとめ

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。
この記事では、Javaのフレームワークの1つのSeasar2でエンティティで使用されているアノテーションをまとめた記事です。

f:id:Tairax:20171007142829p:plain

スポンサーリンク

 

エンティティのアノテーションのまとめ

アノテーション 説明
@Entity クラスがエンティティであることを宣言。
@GeneratedValue テーブルの主キーの生成方法を指定。
GenerationType.TABLE:テーブルを使う。
GenerationType.SEQUENCE:シーケンスを使う。
GenerationType.IDENTITY:データベース固有の識別子自動生成を使う。
GenerationType.AUTO :データベースに応じて TABLE・SEQUENCE・IDENTITY のいずれかが選択。 IDENTITY が使える場合は IDENTITY に、 IDENTITY が使えなくて SEQUENCE が使える場合は SEQUENCE に、 IDENTITY も SEQUENCE も使えない場合は TABLE になる。
@Id 指定のプロパティがテーブルの主キーとして対応することを宣言。
@JoinColumn テーブルの結合用のカラムを宣言。
@JoinColumns テーブルの複合である結合用カラムを宣言。
@ManyToMany 多対多の多重度の関連を宣言。
@ManyToOne 多対一の多重度の関連を宣言。
@OneToOne 一対一の多重度の関連を宣言。
@OrderBy テーブルの要素の順序を指定する。
@Table クラスがテーブルであることを宣言。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

以上がJavaのフレームワークSeasar2のエンティティで使用されているアノテーションのまとめです。
少しでもご参考になれば幸いです。

 

他にもJavaのフレームワークSeasar2についての記事を書いています。
良ければ、ご参考ください。

【Java】フレームワークSeasar2とは?概要を解説します

【Java】Seasar2のアクションフォームアノテーションのまとめ