エンジニアの将来って?

現在8年目エンジニアがプログラムの解説、ゲームの研究を書く雑記ブログです

3回目の転職がなんとかできました!転職活動を振り返ります

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。
このたび私事ですが、なんとか無事転職することができました!
この記事で私の転職活動を振り返ろうと思います。
これから転職活動を考えておられるあなたのご参考になれば幸いです。

f:id:Tairax:20180321200037p:plain

 

前提:私のキャリアについて

私はエンジニアとして転職活動をしていました 。
前提条件である私のキャリアをざっくりご紹介します。

何社目か どんな会社か 主にどんな現場か 何年働いたか
1社目 大き目なSIer COBOLで客先常駐 約3年
2社目 中小の下請け Javaで客先常駐 約3年
3社目 自社製品があるベンチャー企業 C#で製品開発 約1年6カ月

また私は以下の資格を持っています。

  • 基本情報
  • 応用技術

転職活動した期間

1カ月です。
こんなに早く決まったのは、本当に運が良かったとしか言いようがありません。

エンジニアの求人は結構ありました。
でも、全くの未経験ではなく中堅エンジニアとかリーダークラスの求人が大半でした。
コロナウイルスが原因で有効求人倍率は1・39倍と下がっていますが、中堅エンジニアだとどの会社も欲しいのかなあ?という印象でした。
こんなに早く決まったのは要因は次の章で分析します。

何故転職活動がうまくいったのかを分析する

コロナウイルスでも、内定を頂けた理由は

  • 転職エージェントを2社使った
  • 会社視点で私はこんな感じで役立ちますよって伝えた
  • 自走できることを実績で示した

1つづつ考えていきます。

転職エージェントを2社使った

マジで転職エージェントは複数使うべきですね!
日程調整とか大変でしたが、複数使えば「下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる」作戦できます。
私は2週間毎日(土日除く)は面接の予定を組んでました。
無職だからできる荒業ですが、本当数をこなしたおかげで何とかなったかなと考えてます。

「転職エージェントを複数使うべき」みたいな記事を、今度別でくわしく実体験を混ぜて書きます!

2020年5月9日追記
実体験記事を書きました!

www.tairax.com

会社視点で私はこんな感じで役立ちますよって伝えた

私はもう三十路で中堅エンジニアですから、新人みたく

 

御社で自分を成長させたいです!
最先端のことをどんどん挑戦したいです!!!

 

なんてこと言うのは、大変痛いやつです。
これは会社視点の考えが欠けています。

自分中心ではなくて、

 

私は今まで○○という開発に携わってまいりました。
御社の△△という開発に貢献できるかと存じます。

 

っていう風に自分を一種の商品として捉えて、会社にメリットを伝えるように努力しました。

(えらそうなこと書いていますが、私に会社視点が欠けてるなって気付いたのはぶっちゃけ最近なのはここだけの話(;'∀'))

自走できることを実績で示した

中堅エンジニアに企業が求めているものは、自走できるエンジニアです。
具体的には

  • 手取り足取り教えなくてもどんどん開発を進める
  • 不明点があっても自分で解決する力を持っている
  • 技術の見聞を広げるため、勉強を継続している

上記に挙げたエンジニアが欲しいんだろうなあ、と感じました。

日々プログラムの勉強をしたり、応用情報の資格を持っていることをアピールしました。
あと、前職でマジで働きまくってシステムリリースにこぎつけたこととかですかね。
くわしくはこちらをご参考ください。

www.tairax.com

次は何のプログラム言語で仕事をするのか

次はJavaPHPで仕事します!!!
私は気付いたら転職するたびに、新しいプログラム言語で仕事してますw

社目 使用するプログラム言語
1社目 COBOL
2社目 Java
3社目 C#
4社目 Java,PHP

Javaはやったことあるんで、ブランクはありますが問題ないとして。
PHPってマジで触ったことないです(;'∀')

不安もありますが、新しい言語もチャレンジと捉えてがんばるぞー!

 

スポンサーリンク

 

まとめ:何とかなる!

以上が転職活動の振り返りです。
あなたの転職活動のご参考になれば幸いです。
ではでは~(・ω・)ノシ