エンジニアの将来って?

現在7年目のCOBOL→Java→C#エンジニアが、将来への考えや勉強のアウトプット、たまに腎臓について書くブログです

パワハラでうつ状態になって出社拒否した私が伝える、出社拒否したらすぐすべき3つのこと

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。
私は2015年の夏にそのとき所属していた会社の上司からパワハラを受けてうつ状態になり、出社拒否した経験があります。
私のようにパワハラで出社拒否している人に伝えたい、出社拒否したらするべき3つのことをまとめました。
ご参考にしてください。

f:id:Tairax:20180501195228p:plain

出社拒否したらすべき3つのこと

私が考える出社拒否したらやるべきことは以下の3つです。

  • 1人暮らしの場合、自宅から避難する
  • 会社の産業医に連絡して休職手続きを進める
  • 携帯を使用するとき以外電源を切っておく

1つずつ順番に解説していきます。

1人暮らしの場合、自宅から避難する

あなたが1人暮らしの場合、出社拒否したその日に自宅から避難をオススメします。
避難先は家族や恋人、信頼している友達の家が良いでしょう。
私は近くに実家があったので、実家に避難しました。

 

え?なんで避難するの?必要ないんじゃない?

 

と考えられるかと思います。
私が自宅からの避難をオススメする理由は、
会社の上司が自宅に突撃訪問してくるからです。

誰もが自宅の住所を勤めている会社に教えているはずです。
その情報から、上司はあなたの家に訪ねてきます。
実際、私は出社拒否した翌日に、所属していた部の部長が尋ねてきました。
しかも

 

〇〇時にお前の家に行くからな

 

なんてそんな連絡は一切ありませんでした。
自宅に訪問されたのを後で分かった時に 心底怖かったと同時に、実家に避難していて本当によかったと安心しました。

部下の精神が不安定なときに、もっと追いつめるようなことをナチュラルに上司はしてきます。
善意からなのかもしれませんが、大きな迷惑です。

なので、1人暮らしの人は自宅から避難しましょう。
後日自分の家に帰ったとき、ポストの中にその部長から「元気出せよ」という汚いメモが入っていました。
もちろん破り捨てました

また自分1人だけだと、本当に考えがネガティブになります。
信頼できる誰かがそばにいたほうが、精神の復活が早いと思います。
できるだけ早くいつも通りの生活ができるようにするという意味でも、自宅からの避難はオススメです。

会社の産業医に連絡して休職手続きを進める

出社拒否している時点であなたの精神状態は異常事態です。
即刻休職する必要があります。

体調不良などの休みは1,2日は有給休暇で何とかなります。
しかし、うつなどは何週間も、場合によっては何カ月も休む必要があるので休職手続きをしなくてはなりません。
会社の産業医に連絡して、診断の予約を取りましょう。

診断時にどれほど自分が辛いのか、どんなパワハラをされたのか、思っていることを全部ぶちまけましょう
私は泣きながら話しました。
そして産業医に、上司が怖くてたまらない、もう仕事を続けるのは無理、休職したいことを伝えました。
そうすると産業医はどうすれば休職出来るか教えてくれます。
私の場合は、メンタルヘルスクリニックに行って、「1カ月休職が必要である」という診断書を頂いて提出すればOKでした。
(メンタルヘルスクリニックは評判の良いところを調べていきましょう。)
なので、産業医に相談して、休職の手続きを進めましょう。
休職するので

 

休職中の給料はもらえないのかな

 

と心配されるかと思います。
そこはご安心ください。
休職しても傷病手当金があるので、給料の6割を国からもらえます。
あと産業医の診断しているとき、

 

上司に私の家に来ないでほしい、連絡を絶対させないようにしてほしい

 

とお願いしましょう。
このようにお願いしておくと、産業医が上司に伝えてくれます。
連絡させないようにするのをお願いする理由は後程説明します。

携帯を使用するとき以外電源を切っておく

電源を切る理由は、会社から距離を置くため自分の身を守るためです。

私は出社拒否してから1週間、突撃訪問した部長から9時から9時まで1時間ごとに電話が来ました。
完全にストーカーです。
こっちはうつ状態で精神が不安定で苦しいなのに、部長はうつ状態をもっと加速させることしかしませんでした。
部下を心配しているのかもしれませんが、私からは死体蹴りされてるとしか思えませんでした。

産業医へのお願いで、連絡しないようにしてほしいとお願いしたのはこれが理由です。
部長からの連絡が怖かったので、避難生活中ほぼ携帯の電源を切ってました。
なので、家族や恋人や信頼している友達には事情を話して、当分連絡つかなくなることを伝えて電源を切りましょう。

まとめ:少しでも早くいつも通りの生活が送れるようになってほしい

いかがでしたか?
以上が私が思う出社拒否した後にすぐすべきことです。
出社拒否したあなたは、本当に辛い状況だと思います。
もしかしたら、出社拒否をネガティブに考えられているかも分かりません。
でも、それは間違いです。
あなたの身体が、もうこれ以上はやばい!という正常反応です。
あなたの状態は、私のようにパワハラで精神が不安定になっている、または今頑張りすぎている状態です。
仕事より会社より、何よりも大切なのは、あなた自身です。
なので、自分のことを労わって休みましょう。
後ろめたさを感じる必要は全くありません。
今のあなたはゆっくり休むことが仕事です。
少しでも早くいつも通りの生活が送れるようになることを願っています。