エンジニアの将来って?

現在7年目のCOBOL→Java→C#エンジニアが、将来への考えや勉強のアウトプット、たまに腎臓について書くブログです

【jQuery】バーコードを表示できるプラグイン[jquery-barcode.js]のダウンロードの仕方を解説

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。

この記事ではJavaScriptのフレームワークjQueryのプラグインjquery-barcode.jsのダウンロードの解説記事です。

スポンサーリンク

 

注意事項

この記事で紹介している内容は2019年7月10日現在の情報です。
日にちが経過している場合は、変更されている可能性もあります。
ご了承ください。

プラグイン【jquery-barcode.js】とは

画面にバーコードを表示することができるプラグインです。

たとえばこういう風に書くと

<div id="dvBarcord"></div>
<script>
	$("#dvBarcord").barcode("1234567890128", "ean13");
</script>

f:id:Tairax:20190712083822p:plain

こういう風にバーコードが表示されます。

公式サイトの概要部分を読んでみると

Its objective is to combine a maximum of resources relating to barcode:

・detailed explanations
・Online barcode generator
・Source code
・...
The BCC library is a open-source library for barcode generation with the objective to be ported in as many language as possible.
Each port will contain the version number of the BCC library and the version number of the port.

Barcode-Coder: BARCODE EAN 8, EAN 13, CODE 128, .. ONLINE BARCODE GENERATOR, SOURCE CODE, CHECKSUM CALCULATION...から引用させて頂きました

Google翻訳をしてみると

その目的は、バーコードに関連する最大限のリソースを組み合わせることです。

・詳しい説明
・オンラインバーコードジェネレータ
・ソースコード
・…
BCCライブラリはバーコード生成用のオープンソースライブラリで、できるだけ多くの言語で移植することを目的としています。
各ポートには、BCCライブラリのバージョン番号とポートのバージョン番号が含まれます。

概要に書かれている通り、jQueryだけでなく、他のプログラム言語にも展開されています。

  • jQuery (js)
  • Prototype (js)
  • PHP : GD / FPDF
  • Java

この記事では、jQueryのプラグインのダウンロードの仕方のみ解説します。

プラグイン【jquery-barcode.js】をダウンロードする

まず、公式サイトに行きます。

f:id:Tairax:20190710084315p:plain

ここの

f:id:Tairax:20190711081901p:plain

赤枠で囲っている箇所をクリックします。

f:id:Tairax:20190711082204p:plain

クリックすると、ダウンロードできます。

f:id:Tairax:20190711082426p:plain

▼ボタンを押して、【フォルダを開く】を押します。

f:id:Tairax:20190711082956p:plain

ダウンロードフォルダに移動します。
【jquery-barcode.js】【jquery-barcode-2.2.0.zip】という名前でダウンロードできます。
zipで圧縮されているので、展開する必要があります。
【jquery-barcode-2.2.0.zip】を選択した状態で右クリックをします。

f:id:Tairax:20190711083612p:plain

その中の【すべて展開】をクリックします。

f:id:Tairax:20190711084027p:plain

どこにzipを展開するかの画面がポップアップします。
あなたの好きな場所に展開することができます。
展開する場所を変更するには

f:id:Tairax:20190711084411p:plain

【参照】を押します。

f:id:Tairax:20190712074537p:plain

zipの展開先を選択できる画面がポップアップします。
今回は

f:id:Tairax:20190712074831p:plain

デスクトップ配下の【work】フォルダに展開します。
選択したら【OK】ボタンを押します。

f:id:Tairax:20190712075247p:plain

フォルダーの展開を選択する画面に戻ってきました。
展開先が決まったので【展開】ボタンを押します。
するとすぐに展開が終わり、展開先の【work】フォルダ がポップアップします。

f:id:Tairax:20190712075825p:plain

【jquery】フォルダをクリックします。

f:id:Tairax:20190712081312p:plain

バーコードを作成するためのプラグインの

  • jquery-barcode.js
  • jquery-barcode.min.js

このどちらかを使います。
どちらも中身は同じですが、【jquery-barcode.js】を圧縮したものが【jquery-barcode.min.js】です。
私は【jquery-barcode.min.js】を使うことをおすすめします!
それは容量が軽いからです。

【jquery-barcode.js】の中身は

f:id:Tairax:20190712081949p:plain

キレイに書かれていますね。
人間にとって、とても読みやすいです。

では【jquery-barcode.min.js】の中身は

f:id:Tairax:20190712082331p:plain

改行がありません。
何が書かれているか良く分かりません。
スペースや、コメントがなく、圧縮されています。

このように【jquery-barcode.min.js】は改行がない分、容量が少ないので、動作が軽いです。

これで【jquery-barcode.min.js】を使う準備ができました!

まとめ:【jquery-barcode.min.js】を使ってみよう!

以上が【jquery-barcode.min.js】をダウンロードするやり方の解説記事です。

あなたのご参考になったのなら、とても嬉しいです(*´▽`*)
ではでは~(・ω・)ノシ

 

ほかにもjQuery勉強記事を書いてます。
よければご参考ください。

【jQuery】Google Developersから読み込む方法を解説します

【jQuery】クリップボードにコピーできるプラグイン[clipboard.js]のダウンロードの仕方を解説