エンジニアの将来って?

現在8年目エンジニアがプログラムの解説、ゲームの研究を書く雑記ブログです

HeidiSQLからSQLServerにWindows認証で接続するやり方を解説します

こんにちは。たいら(@tairaengineer2)です。

この記事で、HeidiSQLからSQLServerWindows認証接続するやり方を解説します。

スポンサーリンク

 

前提条件

この記事では、Microsoft SQL Server2019を使っています。
インストールの仕方は、下の記事をご参考ください。

www.tairax.com

HeidiSQLのインストールの仕方は、下記の記事をご参考ください。

www.tairax.com

次の章から

  1. HeidiSQLからSQLServerにWindows認証で接続するための下準備
  2. HeidiSQLからSQLServerにWindows認証で接続

で解説していきます。

HeidiSQLからSQLServerにWindows認証で接続するための下準備

HeidiSQLからSQLServerにWindows認証で接続するための下準備をしていきます。
下準備で必要なことは

  1. SQLServerのサーバー名を確認
  2. SQLServerが実行中か
  3. SQLEXPRESSのプロトコル名前付きパイプが有効か

1ずつ解説していきます。

下準備1:SQLServerのサーバー名を確認

接続したいSQLServerのサーバー名を確認します。
サーバー名の調べ方は、SQLServerを開きます

f:id:Tairax:20200513170025p:plain

【オブジェクトエクスプローラー】のサーバーを選択して

f:id:Tairax:20200514105401p:plain

右クリックすると、ドロップダウンリストが表示されます。
その中の【プロパティ】を選択します。

f:id:Tairax:20200514105728p:plain

【サーバーのプロパティ】の画面が表示されます。
この↓の画像の赤枠の部分をメモしておきます。

f:id:Tairax:20200514125807p:plain

LAPTOP-BDDEJFOE\SQLEXPRESS

これで下準備の1つ目が完了です。

下準備2:SQLServerが実行中か

HeidiSQLからSQLServerにWindows認証で接続するためには、SQLServer実行中であることが必要です。
SQLServerが実行中かどうかはSQLServerの構成マネージャーで確認できます。

構成マネージャーを表示するには、まずスタート画面を開きます。

f:id:Tairax:20200514155131p:plain

【Miscrosoft SQLServer2019】というフォルダを探します。
※私の場合は2019ですが、インストールしているバージョンによって数字が異なります。

f:id:Tairax:20200514155614p:plain

【Miscrosoft SQLServer2019】を開くと、【Miscrosoft SQLServer2019構成マネージャー】がありますので、選択して開きます。

f:id:Tairax:20200514170149p:plain

【SQLServer構成マネージャー】を開いて、その中の【SQLServerのサービス】を選択します。

f:id:Tairax:20200514170540p:plain

【SQLServer(SQLEXPRESS)】という項目が実行中であればOKです!

f:id:Tairax:20200514171006p:plain

もし実行中ではなかった場合、右クリックをして【開始】を選択すれば実行中になります!

f:id:Tairax:20200514171222p:plain

これで2つ目の下準備が完了です。

下準備3:SQLEXPRESSのプロトコル名前付きパイプが有効か

SQLEXPRESSのプロトコル名前付きパイプが有効かどうかはSQLServerの構成マネージャーで確認できます。

下準備2の続きで確認していきます。
【SQLServer構成マネージャー】を開いて、その中の【SQLServerネットワークの構成】を選択します。

f:id:Tairax:20200514171741p:plain

【SQLEXPRESSのプロトコル】という項目があるので、それを選択します。

f:id:Tairax:20200514172546p:plain

ここに【名前付きパイプ】という項目がありますので、有効だったらOKです!

f:id:Tairax:20200514174128p:plain

もし、無効だった場合【名前付きパイプ】を右クリックして【有効にする】を選択します。

f:id:Tairax:20200514175715p:plain

下の画像の警告が表示されます。

f:id:Tairax:20200514175940p:plain

警告された通り、サービスをいったん停止して再開する必要があります。
再開させるためには、下準備2で確認した 【SQLServerのサービス】を選択します。

f:id:Tairax:20200514180321p:plain

【SQLServer(SQLEXPRESS)】を右クリックして、再起動させればOKです!

f:id:Tairax:20200514180531p:plain

これですべての下準備が完了しました!

HeidiSQLからSQLServerにWindows認証で接続

HeidiSQLからSQLServerにWindows認証で接続していきます。
HeidiSQLを開きます。

f:id:Tairax:20200514180740p:plain

左下にある【新規】を押すと、ドロップダウンリストが表示されます。
その中の【セッションに追加】を選択します。

f:id:Tairax:20200514181219p:plain

左のセッション名のところに新しくセッションが作成されます。

f:id:Tairax:20200514181608p:plain

分かりやすいような名前をつけます。
今回は【Sample】とします。

f:id:Tairax:20200514181836p:plain

【設定】タブを設定していきます。
【ネットワーク種別】を選択すると、ドロップダウンリストが表示されます。

f:id:Tairax:20200514182206p:plain

この中から【Microsoft SQL Server(named pipe)】を選択します。

f:id:Tairax:20200514182501p:plain

【Library】を選択すると、ドロップダウンリストが表示されます。

f:id:Tairax:20200514182844p:plain

この中から【SQLOLEDB】を選択します。

f:id:Tairax:20200514183054p:plain

【ホスト名/IP】の欄に、下準備1でメモしておいたサーバー名を入力します。

LAPTOP-BDDEJFOE\SQLEXPRESS

f:id:Tairax:20200514183329p:plain

【Windows認証を使う】にチェックを入れます。

f:id:Tairax:20200514183526p:plain

この状態で【開く】ボタンを押します。

f:id:Tairax:20200514191547p:plain

注意画面がポップアップします。
【OK】ボタンを押します。

f:id:Tairax:20200514191754p:plain

変更を保存するかを質問する画面がポップアップします。
【はい】ボタンを押します。

f:id:Tairax:20200514191947p:plain

無事接続できました!!!

f:id:Tairax:20200514192054p:plain

 

スポンサーリンク

 

まとめ:HeidiSQLからSQLServerにWindows認証で接続してみよう

以上がHeidiSQLからSQLServerにWindows認証で接続するやり方の解説です。

あなたのご参考になったのなら、とても嬉しいです(*´▽`*)
ではでは~(・ω・)ノシ