ゲーマーときどきエンジニア

基本ゲーム記事を書いて、ときどき考えを発信するエンジニアのブログです!

【あつ森】フータの魚解説のまとめ

switchで発売されたあつまれどうぶつの森では、無人島を発展させていくと博物館という施設を作ることができます。

あつ森の博物館完成

この博物館では、

  • 化石

を展示することができます。
が、展示物は主人公の寄贈によってなりたっています。
寄贈するときに「聞かせて!」を選択すると、フータから寄贈したものの解説を聞くことができます。

f:id:Tairax:20200323185135p:plain

この記事では、フータの解説、特にの解説をまとめた記事です。

最終更新日:2020年11月15日。

目次から調べたい魚をお調べください!

f:id:Tairax:20200322172703p:plain

スポンサーリンク

 

アジ

あつ森のフータによるアジの解説

 

アジはですね、とっても 味が良いので
この名前になったそうです!

 

あつ森のフータによるアジの解説

 

・・・あっ、ダジャレじゃないですよ?!
この名前をつけた人は きっと
ものすごく 感動したんでしょうね!

 

あつ森のフータによるアジの解説

 

ま、おいしいものは 他にもあるので、
ものすごく 後悔したかもしれませんが・・・

 

アユ

あつ森のフータによるアユの解説

 

アユと言えば、初夏の代名詞!
コレを食べないと 夏を迎えた気がしない
なんて言う人も いるくらいです

 

あつ森のフータによるアユの解説

 

アユは 川で産卵すると いったん海に出て
オトナになると 生まれた川に帰ってきますが

 

あつ森のフータによるアユの解説

 

帰ってくるタイミングは、
川の水温によって 変わるのです

 

あつ森のフータによるアユの解説

 

水温が低い時は 漁の開始も遅くなるので、
「アユなしで 夏が来ない」というのも
あながち 間違いではありませんね!

 

アロワナ

あつ森のフータによるアロワナの解説

 

アロワナはですね、1億年前から
その姿を変えていないと 言われています

 

あつ森のフータによるアロワナの解説

 

普段は 優雅に泳いでいますが
食事の時には 水面の上までジャンプして
ムシなどを つかまえるんです

 

あつ森のフータによるアロワナの解説

 

この食事法、サカナとしては
かなりの労力が 必要だと思うんですけど

 

あつ森のフータによるアロワナの解説

 

1億年かけて 編み出した技かと思うと
何にも 言えないんですよね・・・

 

アンチョビ

あつ森のフータによるアンチョビの解説

 

アンチョビはですね、正式には
カタクチイワシという 海のサカナでして、
塩づけにした 加工食品が有名です

 

あつ森のフータによるアンチョビの解説

 

イワシは栄養価が高く 世界各地で漁獲され、
様々に料理されて 食べられています

 

あつ森のフータによるアンチョビの解説

 

アンチョビを使ったパスタも 美味しいですが
パンに乗せて食べるのも いいですね!

 

 

スポンサーリンク

 

イエローパーチ

あつ森のフータによるイエローパーチの解説

 

イエローパーチはですね、
小さいながら とにかく
デザインが かっこいいサカナです!

 

あつ森のフータによるイエローパーチの解説

 

ギザギザした 背びれ!
しま模様の体! オレンジ色のヒレ!
すべてがクール!

 

あつ森のフータによるイエローパーチの解説

 

わたくしも いちファンとして
可能な限り 自然な生態環境のもとで
姿を確認したいのですが・・・

 

あつ森のフータによるイエローパーチの解説

 

イエローパーチの旬って 真冬なんですよね
うぅ~、寒いのはちょっと・・・

 

イカ

あつ森のフータによるイカの解説

 

イカはですね、そもそもは タコと同じで
貝の仲間だったそうですよ

 

あつ森のフータによるイカの解説

 

ふにゃふにゃの イカの胴体の、
真ん中に通っている うすい骨のようなのが
貝殻の名残と いわれています

 

あつ森のフータによるイカの解説

 

確かに、イカの身の弾力は
貝と 近いものがあるような・・・
おいしい出汁がでるのも 一緒ですね!

 

イシダイ

あつ森のフータによるイシダイの解説

 

イシダイはですね、
白と黒のストライプが カッコイイ
岩場に棲む サカナです

 

あつ森のフータによるイシダイの解説

 

とっても 好奇心の強いサカナでして、
こどものころは 向こうから
寄って来てくれることも あるんですよ!

 

あつ森のフータによるイシダイの解説

 

釣り人との かけ引きも上手で、
イソ釣りの王 なんて呼ばれ方もされて
なかなかの 人気者なんです

 

 

スポンサーリンク

 

ウグイ

あつ森のフータによるウグイの解説

 

ウグイと言えば、どこにでもいて
釣り人にとっては コレじゃない
というイメージが強いですが・・・

 

あつ森のフータによるウグイの解説

 

結婚の時期になると、体に
オシャレな オレンジのストライプが
現れるんです

 

あつ森のフータによるウグイの解説

 

ウグイたちは ウグイたちなりに、
人生の節目を感じながら
生きていたり するのですかねぇ・・・

 

ウツボ

あつ森のフータによるウツボの解説

 

ウツボはですね、実はとっても
おくびょうな サカナです

 

あつ森のフータによるウツボの解説

 

いつも 岩穴に隠れるように 棲んでいて、
こちらから ケンカを売ったりしなければ
襲ってくることは ないそうです

 

あつ森のフータによるウツボの解説

 

とても そんなふうには 見えない、
恐ろしい 顔つきなんですけどね

 

 

スポンサーリンク

 

エイ

あつ森のフータによるエイの解説

 

エイはですね、平べったい体と
長い尾が特徴的な サカナですが、
もともとは サメの仲間だったそうです

 

あつ森のフータによるエイの解説

 

裏から見ると お腹についている口が
笑っているように見えて、カワイイんですよね

 

あつ森のフータによるエイの解説

 

性格は おとなしいのですが、
種類によっては毒もあるので 注意が必要です

 

エンゼルフィッシュ

あつ森のフータによるエンゼルフィッシュの解説

 

エンゼルフィッシュはですね、
平たい三角形のフォルムが美しい 熱帯魚です

 

あつ森のフータによるエンゼルフィッシュの解説

 

大きく発達した ヒレの優雅さから
エンジェル(天使)という名前が
つけられたのですが・・・

 

あつ森のフータによるエンゼルフィッシュの解説

 

実は 非常に 激しい性格でして、
小さい魚なんか、同じ水そうに入れると
食べられてしまうとか!

 

あつ森のフータによるエンゼルフィッシュの解説

 

エンゼルフィッシュ同士でも
厳しい上下関係が あるといいますし、
見かけに寄らないものですよねぇ

 

エンドリケリー

あつ森のフータによるエンドリケリーの解説

 

エンドリケリーはですね、
約4億年前から その姿を変えていないと
言われている 古代魚でして

 

あつ森のフータによるエンドリケリーの解説

 

ギザギザした 恐竜のような背びれと
その 独特の模様から、
観賞用として人気があります

 

あつ森のフータによるエンドリケリーの解説

 

4億年前というと 恐竜時代よりも
さらに昔ですから、もはや神話の世界!

 

あつ森のフータによるエンドリケリーの解説

 

泳ぐ姿を 見ているだけで、
何か ありがたい気がしてきます!

 

 

スポンサーリンク

 

オイカワ

あつ森のフータによるオイカワの解説

 

オイカワはですね、
銀と黒の 体色が渋い 川のサカナです

 

あつ森のフータによるオイカワの解説

 

ところが この オイカワ、
結婚の時期になると、オスの体は
きれいな青色に なるんですよね!

 

あつ森のフータによるオイカワの解説

 

ふだんは 地味なのに、イザって時は
ちゃんと オシャレにキメるとか・・・

 

あつ森のフータによるオイカワの解説

 

わたくしも そろそろ オイカワを、
見習うべきなのでしょうか・・・

 

オオイワナ

あつ森のフータによるオオイワナの解説

 

オオイワナはですね、
簡単に言うと イワナの大きいやつです!

 

あつ森のフータによるオオイワナの解説

 

と言うと、雑に聞こえるかもしれませんが
イワナの世界で 他より大きくなるのは
とっても 大変なことなんですよ!

 

あつ森のフータによるオオイワナの解説

 

イワナは 自分のナワバリで
エサをつかまえる 習性がありまして、
常に ナワバリ争いが 行われています!

 

あつ森のフータによるオオイワナの解説

 

つまり オオイワナとは、
あまたの戦いを 勝ち抜いてきた
エリート中の エリートなのです!

 

オタマジャクシ

あつ森のフータによるオタマジャクシの解説

 

オタマジャクシと言えば、
言わずと知れた カエルの子ですね

 

あつ森のフータによるオタマジャクシの解説

 

黒くて丸っこい体と 長いしっぽが
愛らしいですが・・・
おススメは 足が出てきた頃!

 

あつ森のフータによるオタマジャクシの解説

 

まるで 魚類から 両生類への進化を
たどっているようで、胸が熱くなります!

 

 

スポンサーリンク

 

ガー

あつ森のフータによるガーの解説

 

ガーはですね、最大で 3メートルにもなる
超大型の 川のサカナです!

 

あつ森のフータによるガーの解説

 

恐竜時代から ほぼ姿が 変わらないため、
生きた化石 とも 言われているんですよ

 

あつ森のフータによるガーの解説

 

サカナではあるのですが
実は 水の中で 呼吸するのが下手でして、
水面に顔を出して 呼吸をします

 

あつ森のフータによるガーの解説

 

コワイ顔をしていますが、ちょっと不器用で
かわいい サカナなのです・・・

 

カエル

あつ森のフータによるカエルの解説

 

カエルはですね、
鳴き方の変化で 仲間と会話をしていると
言われています

 

あつ森のフータによるカエルの解説

 

ゲロゲロ~!(雨が来るぞ~)
ゲロゲロ!(前方に敵確認!)
ゲロゲ~ロ!(好き・・・)

 

あつ森のフータによるカエルの解説

 

カンペキに 真似をしたら
カエルと会話できるかも、と思いまして
わたくしも 練習中なのであります!

 

カジキ

あつ森のフータによるカジキの解説

 

カジキはですね、角のある独特の形と
ウロコのない体が特徴的な マグロの仲間です

 

あつ森のフータによるカジキの解説

 

角も含めると 全長は 4メートルを超える
とも言われまして・・・
クジラと ケンカしたりも するそうですよ!

 

あつ森のフータによるカジキの解説

 

そんな 攻撃的なところも 魅力になって、
スポーツフィッシングの世界では
大人気なんですよね!

 

カミツキガメ

あつ森のフータによるカミツキガメの解説

 

カミツキガメはですね、ワニのような体と
長いツメが特徴的な 大型のカメです

 

あつ森のフータによるカミツキガメの解説

 

名前のとおり かむ力が強くてですね・・・
ケンカを売られると、カメらしからぬ速さで
すっ飛んでくるのだとか!

 

あつ森のフータによるカミツキガメの解説

 

普段は おくびょうで おとなしいのですが、
キレると とても危険なので
ちょっかいは出さないほうが いいですよ

 

カレイ

あつ森のフータによるカレイの解説

 

カレイはですね、よく ヒラメと比べられる
平べったい体の サカナです

 

あつ森のフータによるカレイの解説

 

ヒラメとの 一番の違いは 実は「口」です!
カレイの歯は細かくて おちょぼ口ですが、
ヒラメには ギザギザの鋭い歯があるんです

 

あつ森のフータによるカレイの解説

 

左ヒラメの 右カレイ などと言われ
目の位置で 見分けることもできるのですが

 

あつ森のフータによるカレイの解説

 

地域によって 個体差が激しく、
正確に見分けるのは 難しいんですよね
カレイは おちょぼ口と 覚えてください

 

 

スポンサーリンク

 

キンギョ

あつ森のフータによるキンギョの解説

 

フリフリが かわいいキンギョですが・・・
どこまで大きくなるか 知っていますか?

 

あつ森のフータによるキンギョの解説

 

なんと 最大・・・
30センチ!

 

あつ森のフータによるキンギョの解説

 

まぁ、水そうのサイズに 合わせて
成長が止ってしまうので、
おおよその 数値なんですけどね

 

あつ森のフータによるキンギョの解説

 

博物館の 大きな水そうで
いったい どこまで成長するものなのか、
わたくし 密かに 期待しているのです

 

キングサーモン

あつ森のフータによるキングサーモンの解説

 

キングサーモンは、
サケの仲間の中でも 一番の巨体を誇ります!

 

あつ森のフータによるキングサーモンの解説

 

その大きさは 最大で1.5メートル!
中には重さ 40キロを超えるものもいて、
まさに サケの王様といった風格です

 

あつ森のフータによるキングサーモンの解説

 

ちなみに、その重さゆえ
あみで 大量にとるのは 不可能だそうですよ

 

あつ森のフータによるキングサーモンの解説

 

一本釣りでも、気を抜くと
こちらが 釣られてしまいそうですね!

 

 

スポンサーリンク

 

グッピー

あつ森のフータによるグッピーの解説

 

グッピーはですね、観賞用としておなじみの
色鮮やかな 熱帯魚ですが

 

あつ森のフータによるグッピーの解説

 

一匹ずつの 色やヒレの形が違うという、
非常にめずらしい特性を 持っています

 

あつ森のフータによるグッピーの解説

 

お互いの色や 形について
どのように思っているのか・・・
一度 インタビュー してみたいものです

 

クマノミ

あつ森のフータによるクマノミの解説

 

クマノミはですね、
イソギンチャクを 棲家とする
小さな 海のサカナです

 

あつ森のフータによるクマノミの解説

 

このクマノミ、大家さんである
イソギンチャクとの 付き合い方が
とっても上手なんですよね

 

あつ森のフータによるクマノミの解説

 

エサの おすそ分けをしたり、
外敵がきたら おいはらったり・・・
良き共生関係を 築いているんです

 

クリオネ

あつ森のフータによるクリオネの解説

 

クリオネはですね、
正式名称を クリオネ・リマキナといいます

 

あつ森のフータによるクリオネの解説

 

その意味は・・・
「ナメクジっぽい 海の天使」

 

あつ森のフータによるクリオネの解説

 

確かに ナメクジも同じ
巻貝の仲間 ではあるのですが・・・

 

あつ森のフータによるクリオネの解説

 

ほのかに ギャグの香りを 感じてしまうのは
わたくしだけ でしょうか・・・?

 

 

スポンサーリンク

 

コイ

あつ森のフータによるコイの解説

 

コイはですね・・・
釣りたい時に限って なぜか釣れない
不思議なサカナです・・・

 

あつ森のフータによるコイの解説

 

というのは さておき、
コイの歯って 見たことありますか?

 

あつ森のフータによるコイの解説

 

ノドのところにあるんですけど、
貝殻みたいな 固いものでも
バリバリ かみくだくくらい強いんです!

 

あつ森のフータによるコイの解説

 

うっかり 指を入れたら、
食いちぎられちゃうかも しれませんよ
あ、自分は 指の心配いらないか・・・

 

ゴールデントラウト

あつ森のフータによるゴールデントラウトの解説

 

ゴールデントラウトはですね、
金色の体を持つ 川のサカナで
とてもキレイな水にしか 棲めません

 

あつ森のフータによるゴールデントラウトの解説

 

その姿を見るには 近づくのが容易ではない
山奥の渓流に入る必要があり、
一部では 水の妖精 などと呼ばれています

 

あつ森のフータによるゴールデントラウトの解説

 

苦労したぶんだけ 出会った時の美しさが
増すのかもしれませんね・・・

 

コバンザメ

あつ森のフータによるコバンザメの解説

 

コバンザメはですね、
大きなサカナに 寄りそって泳ぐ姿が
いじらしい、海のサカナです

 

あつ森のフータによるコバンザメの解説

 

その名前から 誤解されがちですが、
サメの仲間ではありません

 

あつ森のフータによるコバンザメの解説

 

頭にある吸盤で 大きな相手に吸い付いて、
食べこぼしや ヒフについた虫などを食べて
暮らしているんですよね

 

あつ森のフータによるコバンザメの解説

 

大きなものには 積極的に寄ってくるので、
ダイバーには 大人気だとか!

 

 

スポンサーリンク

 

サケ

あつ森のフータによるサケの解説

 

サケはですね・・・
実は 白身のサカナなのです!

 

あつ森のフータによるサケの解説

 

あの特徴的な サーモンピンクは、
オキアミやエビなどの 甲殻類を
好んで食べている 影響なんですよね

 

あつ森のフータによるサケの解説

 

エビ以外の エサを食べていたら、
他の色に なっていたのかも・・・

 

サメ

あつ森のフータによるサメの解説

 

サメはですね、抜けてもすぐ生えてくる
特殊な歯を 持っています

 

あつ森のフータによるサメの解説

 

獲物にかみ付くと 抜ける仕組みなので、
エサについた 自分の歯を食べて
お腹を壊してしまうことも あるのだとか

 

あつ森のフータによるサメの解説

 

他の生き物は 真似のできない
ワイルドなエピソードには 事欠きません

 

ザリガニ

あつ森のフータによるザリガニの解説

 

ザリガニはですね、
エビとカニの 特徴を持ちながら
独自の進化をとげた 生き物です

 

あつ森のフータによるザリガニの解説

 

カニのような 大きなはさみを持ち、
おなかには エビのような足がたくさん・・・

 

あつ森のフータによるザリガニの解説

 

正面からみると カッコイイんですが、
裏側からは 見たくないです・・・

 

 

スポンサーリンク

 

シイラ

あつ森のフータによるシイラの解説

 

シイラはですね、盛り上がった頭が特徴的な、
最大2メートルに達する 海のサカナです

 

あつ森のフータによるシイラの解説

 

淡白な味で 調理しやすいため
昔から 広く食べられていて、
地域によって その呼び方も様々です

 

あつ森のフータによるシイラの解説

 

暖かい海に 棲んでいるだけあって、
顔つきも 心なしか
のんびりしているように 見えますね

 

シーラカンス

あつ森のフータによるシーラカンスの解説

 

シーラカンスは、恐竜時代よりも昔から
その姿を変えていないと言われる 深海魚です

 

あつ森のフータによるシーラカンスの解説

 

長い間 絶滅したと考えられていたので
生きた状態で 見つかった時は
大騒ぎになったとか!

 

あつ森のフータによるシーラカンスの解説

 

まだ 生態のほとんどが
ナゾに包まれている シーラカンスは、
生きた化石の 代表格と言えるでしょう

 

シャンハイガニ

あつ森のフータによるシャンハイガニの解説

 

シャンハイガニはですね、
モクズガニとも呼ばれ、海草のような
毛が生えた はさみを持っています

 

あつ森のフータによるシャンハイガニの解説

 

海で生まれて 大きくなると川をさか上り、
産卵の時期がくると また海へ戻ります

 

あつ森のフータによるシャンハイガニの解説

 

味が 非常に良いことで知られ、
中華料理の 秋の味覚となっております

 

シュモクザメ

あつ森のフータによるシュモクザメの解説

 

シュモクザメはですね、
カナヅチみたいな形の 頭が特徴的で
別名 ハンマーヘッド・シャーク といいます

 

あつ森のフータによるシュモクザメの解説

 

この変な形の頭、実はレーダーのような
機能を備えておりまして・・・
獲物との距離が 正確にわかるらしいんですよ

 

あつ森のフータによるシュモクザメの解説

 

ちょっと マヌケな顔をしていますが、
高性能の潜水艦みたいな サカナなのです!

 

ジンベイザメ

あつ森のフータによるジンベイザメの解説

 

ジンベイザメはですね、
全長が12メートルにもなる
世界最大の サメの仲間です

 

あつ森のフータによるジンベイザメの解説

 

一般的なサメの 凶暴なイメージと違って
とても おだやかな性格でして、
エサは プランクトンや小魚なんですよ

 

あつ森のフータによるジンベイザメの解説

 

成長が遅いことでも 知られていまして
大人になるまでに 30年、
寿命は 150年という説もあります

 

あつ森のフータによるジンベイザメの解説

 

ゆったりと泳ぐ姿を 見ているだけで、
ありがたい気持ちに なってきますよね!

 

 

スポンサーリンク

 

スッポン

あつ森のフータによるスッポンの解説

 

スッポンは、かむ力が とっても強い
カメの仲間です

 

あつ森のフータによるスッポンの解説

 

食いついたら離さない と言われていますが、
しばらく じっとしていれば
かむのをやめてくれるそうです

 

あつ森のフータによるスッポンの解説

 

思いっきり かまれているのに
じっと ガマンできたらの話ですが・・・

 

あつ森のフータによるスッポンの解説

 

凶暴なイメージとは裏腹に
けっこう ひょうきんな顔をしていて、
なにか ニクめないんですけどね!

 

 

スポンサーリンク

 

タイ

あつ森のフータによるタイの解説

 

タイという名前が ついているサカナは
割とたくさん いるのですが、
そのほとんどは タイではありません

 

あつ森のフータによるタイの解説

 

タイは 昔から 高級魚だったため、
「赤い 白身のサカナ」であれば
ひとまず タイをつけていたとか・・・

 

あつ森のフータによるタイの解説

 

まあ、高級なタイに あやかりタイ
みたいな、今でいうところの
イメージ戦略ってヤツでしょうか?

 

タツノオトシゴ

あつ森のフータによるタツノオトシゴの解説

 

タツノオトシゴはですね、
とても不思議な形の 生き物ですが
まぎれもなく サカナの仲間です

 

あつ森のフータによるタツノオトシゴの解説

 

サカナなのですが 泳ぐのはとても遅く、
流れが強いと 簡単に流されてしまうので
しっぽで海草につかまって しのいだりします

 

あつ森のフータによるタツノオトシゴの解説

 

英語名は シー・ホース(海の馬)ですが
完全に肉食で、プランクトンや 小魚などを
突き出た口で 吸い込んで食べます

 

タナゴ

あつ森のフータによるタナゴの解説

 

タナゴは、キラキラした 銀色の体が人気で
熱帯魚と一緒に 飼われたりしていますが

 

あつ森のフータによるタナゴの解説

 

実は 釣りの世界でも有名でして、
「世界最小の釣り魚」なんて 呼ばれています

 

あつ森のフータによるタナゴの解説

 

タナゴの 小さな体に合わせた
せん細な仕掛けが 必要なため、
昔は お金持ちの道楽でも あったとか・・・

 

あつ森のフータによるタナゴの解説

 

まあ、ショボいつりざお でも
釣れてしまう みたいですけどね

 

 

スポンサーリンク

 

チョウザメ

あつ森のフータによるチョウザメの解説

 

チョウザメはですね、およそ 3億年前から
存在していると言われる 川のサカナです

 

あつ森のフータによるチョウザメの解説

 

美食家たちの間で有名な キャビアは、
この チョウザメの卵 なんですよ

 

あつ森のフータによるチョウザメの解説

 

ごつごつした 体の印象から
サメの名前がついていますが、
実は いっさい関係ありません

 

あつ森のフータによるチョウザメの解説

 

とっても 長生きするサカナでして、
一説では 150歳まで生きるのだとか・・・

 

チョウチョウウオ

あつ森のフータによるチョウチョウウオの解説

 

チョウチョウウオはですね、木の葉のような
丸くて薄い体が かわいい 熱帯魚です

 

あつ森のフータによるチョウチョウウオの解説

 

ひとくちに チョウチョウウオといっても
その種類は 100以上あるんですよ!

 

あつ森のフータによるチョウチョウウオの解説

 

サンゴの周りで 大群を作って
ひらひらと舞うように泳ぐ その姿は、
夢みたいに キレイなんです!

 

チョウチンアンコウ

あつ森のフータによるチョウチンアンコウの解説

 

チョウチンアンコウはですね、
おでこに 提灯がついた
奇妙で グロテスクな姿の 深海魚です

 

あつ森のフータによるチョウチンアンコウの解説

 

発光バクテリアという 光る微生物の力で
提灯に明かりを 灯しているのではないかと
いわれています

 

あつ森のフータによるチョウチンアンコウの解説

 

一説によると 獲物が近づいたときに
この光る微生物を ふきつけて
目をくらましたりも できるとか・・・

 

あつ森のフータによるチョウチンアンコウの解説

 

まぁ、あまりにも 深い海に棲んでいるため
実際のところ ナゾに包まれているんですけどね

 

 

スポンサーリンク

 

ティラピア

あつ森のフータによるティラピアの解説

 

ティラピアはですね、
暖かければ どんなところにも棲める
とても生命力の強い 川のサカナです

 

あつ森のフータによるティラピアの解説

 

主には 藻などの植物ですが、
昆虫や 魚の死がいなど とにかく
口に入るものなら なんでも食べます

 

あつ森のフータによるティラピアの解説

 

姿や身のつきかたが タイに似ていることから
料理の素材としても ポピュラーです

 

デメキン

あつ森のフータによるデメキンの解説

 

クリクリした目が 印象的な デメキンですが
赤ちゃんの頃は 他のキンギョと
変わらない 見た目なんですよ

 

あつ森のフータによるデメキンの解説

 

成長するにつれて 目が飛び出してきて
あの姿になりますので・・・

 

あつ森のフータによるデメキンの解説

 

そうとは知らずに 育てていたら、
ビックリ しちゃいますよね!

 

デメニギス

あつ森のフータによるデメニギスの解説

 

デメニギスはですね、
内臓丸見えの透明な頭に 緑色の目という
衝撃的な姿の 深海魚です

 

あつ森のフータによるデメニギスの解説

 

一見 意味がわからない 透明な頭にも
ちゃんと 理由がありまして・・・
なんと、真上を見ながら泳げるためなんです!

 

あつ森のフータによるデメニギスの解説

 

深海魚の 発想を知るたび、
自分の頭の固さを 痛感しますよ・・・

 

 

スポンサーリンク

 

ドクターフィッシュ

あつ森のフータによるドクターフィッシュの解説

 

ドクターフィッシュと言えば、
人のヒフの古い角質を 食べてくれる治療が
有名ですが・・・

 

あつ森のフータによるドクターフィッシュの解説

 

この方法、記録では 数千年前から
存在していたとか・・・

 

あつ森のフータによるドクターフィッシュの解説

 

主食が ムシや微生物の彼らにとって、
角質は 肉みたいな ごちそうなんだそうです

 

あつ森のフータによるドクターフィッシュの解説

 

37度くらいのお湯でも
元気に 活動できるそうですから、
温泉施設での仕事は 天職かもしれませんね!

 

ドジョウ

あつ森のフータによるドジョウの解説

 

ドジョウはですね、ニョロニョロした見た目が
キモチワルイのですが、
実は ありがたいサカナです

 

あつ森のフータによるドジョウの解説

 

なべや天ぷらはおいしいですし、
毒を消すクスリとしても
古くから 使われてきたのです・・・

 

あつ森のフータによるドジョウの解説

 

人もサカナも 見かけで判断しては
いけないと いうことですねぇ

 

ドラド

あつ森のフータによるドラドの解説

 

ドラドは スペイン語で 金色のという意味で
その名のとおり 黄金の体を持つ サカナです

 

あつ森のフータによるドラドの解説

 

体が とっても大きくて、
最大で 1.3メートルくらいになります

 

あつ森のフータによるドラドの解説

 

泳ぐのも速いので、サカナは もとより
カエルや鳥も つかまえて食べるのだとか

 

あつ森のフータによるドラドの解説

 

わたくし、追いかけられたら
逃げ切れる自信が ありません・・・

 

 

スポンサーリンク

 

ナポレオンフィッシュ

あつ森のフータによるナポレオンフィッシュの解説

 

ナポレオンフィッシュはですね、
分厚いくちびると 頭の大きなコブが
渋くてカッコイイ 大型の熱帯魚です

 

あつ森のフータによるナポレオンフィッシュの解説

 

大きさは 最大で 2メートルにもなり、
南の海を訪れる ダイバーたちの
あこがれの的となっています!

 

あつ森のフータによるナポレオンフィッシュの解説

 

かの英雄ナポレオンと違って
こちらは しっかり眠るのですが・・・

 

あつ森のフータによるナポレオンフィッシュの解説

 

寝相が なかなか大胆でして
岩の下で ゴロンと横になるんですよね!

 

あつ森のフータによるナポレオンフィッシュの解説

 

大きくて 立派な体は、十分な睡眠が
あってこそのなのかもしれませんね

 

ナマズ

あつ森のフータによるナマズの解説

 

ナマズはですね、体にウロコがなくて
ヌメヌメした 夜行性のサカナです

 

あつ森のフータによるナマズの解説

 

肉食性で しかも 大食らい、
自分と同じくらいのサイズの 獲物でも
大きな口で 丸のみ してしまうんです

 

あつ森のフータによるナマズの解説

 

とらえた獲物を 逃さないように、
数百本もある歯が すべて
内側を向いているのだとか・・・

 

ナンヨウハギ

あつ森のフータによるナンヨウハギの解説

 

ナンヨウハギはですね、
青いからだに 黄色い尾ひれが鮮やかな
サンゴに棲む サカナです

 

あつ森のフータによるナンヨウハギの解説

 

オシャレで 明るいイメージですが
尾びれの根元に 鋭いトゲがありまして、
うっかり触ると けがをするんです

 

あつ森のフータによるナンヨウハギの解説

 

最近の研究によりますと、
体に 毒を持っているということも
発見されていますし・・・

 

あつ森のフータによるナンヨウハギの解説

 

サンゴという 人気のスポットで
暮らし続けるためには、
何かと苦労が あるのかもしれませんね・・・

 

 

スポンサーリンク

 

ニシキゴイ

あつ森のフータによるニシキゴイの解説

 

ニシキゴイというのはですね、
コイの変種を 人の手で改良したものでして
意外と丈夫なので どこでも飼えたりします

 

あつ森のフータによるニシキゴイの解説

 

実際には もっと高い値段で売れるサカナも
いたりするんですが・・・
やっぱり 高いサカナの 代名詞ですよね

 

あつ森のフータによるニシキゴイの解説

 

まあ おめでたい色ですので、
パッと見で価値が わかりやすいって
ことなのかもしれませんね

 

 

スポンサーリンク

 

ネオンテトラ

あつ森のフータによるネオンテトラの解説

 

ネオンテトラはですね、
メタリックブルーの背中に 赤い尾を持つ
熱帯魚の代表 みたいなサカナです

 

あつ森のフータによるネオンテトラの解説

 

名前の由来も、この ネオンサインのような
ど派手な姿から きているんですよね

 

あつ森のフータによるネオンテトラの解説

 

小さな生き物は 身を守るために
環境と同じ色になると 言われていますから

 

あつ森のフータによるネオンテトラの解説

 

ネオンテトラと同じ ジャングルで育ってたら
わたくしも もう少し 派手だったかも!

 

 

スポンサーリンク

 

ノコギリザメ

あつ森のフータによるノコギリザメの解説

 

ノコギリザメはですね、その名のとおり
ノコギリのような ギザギザの長い頭を持った
サメの仲間です

 

あつ森のフータによるノコギリザメの解説

 

このノコギリ頭、主な使い道は
エモノをつかまえるため なのですが、
土を掘ったりするときにも 使うのだとか

 

あつ森のフータによるノコギリザメの解説

 

力で押すタイプの サメが多いなか、
道具を使って 狩りをする
特殊なハンターと 言えるでしょう

 

 

スポンサーリンク

 

パイク

あつ森のフータによるパイクの解説

 

パイクはですね、サケの仲間のなかでも
とにかく 大きくなることで有名です!

 

あつ森のフータによるパイクの解説

 

大きなものは 体長1.3メートルを
超えるのだとか・・・

 

あつ森のフータによるパイクの解説

 

カモのくちばしのような形の 大きな口で、
魚類のみならず、小型の哺乳類や水鳥まで
捕食する 肉食のサカナなのですが・・・

 

あつ森のフータによるパイクの解説

 

もし水の中で 出会ったら、
パニックを 起こしちゃいますね

 

ハナヒゲウツボ

あつ森のフータによるハナヒゲウツボの解説

 

ハナヒゲウツボはですね、
いわゆる ウツボの仲間なのですが
サンゴに棲んでいるので とっても派手です

 

あつ森のフータによるハナヒゲウツボの解説

 

鼻先に 花びらみたいな器官がついていて
ヒラヒラ ゆれるんですよね

 

あつ森のフータによるハナヒゲウツボの解説

 

出会うと 幸せな気持ちになれる、
美しい サカナなのです!

 

ハリセンボン

あつ森のフータによるハリセンボンの解説

 

ハリセンボンはですね、怒ると
トゲトゲだらけの風船のようになる
フグの仲間です

 

あつ森のフータによるハリセンボンの解説

 

フグとの 大きな違いは、
「毒がない」ことでしょうか!

 

あつ森のフータによるハリセンボンの解説

 

見た目は フグより危険そうなのですが、
致命傷にはならない ほどほどな感じが
優しくて いいですね

 

 

スポンサーリンク

 

ピラニア

あつ森のフータによるピラニアの解説

 

ピラニアはですね・・・
基本的には おくびょうなサカナです

 

あつ森のフータによるピラニアの解説

 

一匹の時は ものかげに隠れて
大きな動物に 近づかないように
しているそうですよ・・・

 

あつ森のフータによるピラニアの解説

 

攻撃的に 襲ってくるのは
群れで 興奮したときだけ らしいですし

 

あつ森のフータによるピラニアの解説

 

祭りになると 誰もが ケンカっ早くなる
みたいな感じかも しれませんね

 

ヒラメ

あつ森のフータによるヒラメの解説

 

ヒラメはですね、
生まれた時は 他のサカナと同じような
ふっくらした姿を しているのですが・・・

 

あつ森のフータによるヒラメの解説

 

成長とともに 平たく大きくなり、
なんと 最大1メートルにまでなります!

 

あつ森のフータによるヒラメの解説

 

普段は 砂の中にもぐって暮らしているので、
いきなり現れたら 驚いちゃいますね

 

あつ森のフータによるヒラメの解説

 

海のサカナの中では 1、2を争う
変身上手と 言えるでしょう!

 

ピラルク

あつ森のフータによるピラルクの解説

 

ピラルクはですね、川に棲むサカナとしては
相当な 巨体を誇ります!

 

あつ森のフータによるピラルクの解説

 

その大きさは 並外れていて、
5メートルの 超巨大サイズも
見つかったことがあるのだとか!

 

あつ森のフータによるピラルクの解説

 

1億年前から その姿を変えていない
という話ですし・・・
なんだか 神々しいですよね

 

 

スポンサーリンク

 

フグ

あつ森のフータによるフグの解説

 

フグはですね、言わずと知れた
猛毒を持つ サカナですが、
毒の部位は 種類によって異なります

 

あつ森のフータによるフグの解説

 

100種類以上いる フグのうち、
安全な食べ方が わかっているのは
ごく一部なんですよね・・・

 

あつ森のフータによるフグの解説

 

こんなに強い毒を 持ちながらも
食べられることに なってしまうとは、
フグも 想定外だったでしょうね!

 

フナ

あつ森のフータによるフナの解説

 

フナと コイの 見分けがつかない
という話を たまに聞くのですが・・・

 

あつ森のフータによるフナの解説

 

一番の違いはですねぇ、「ヒゲ」です!
フナには ヒゲがありません

 

あつ森のフータによるフナの解説

 

立派なヒゲを たくわえた コイに比べて、
フナは どこか 庶民的な感じがしますね

 

ブラックバス

あつ森のフータによるブラックバスの解説

 

ブラックバスはですね、力が非常に強いので
スポーツフィッシングで 人気のサカナです

 

あつ森のフータによるブラックバスの解説

 

国によっては、このサカナを専門に釣る
バスプロという職業も あるそうです

 

あつ森のフータによるブラックバスの解説

 

その一方で、生態系を壊す外来種として
駆除すべきという 考え方もあるなど、
難しい問題を 抱えているサカナでもあります

 

ブルーギル

あつ森のフータによるブルーギルの解説

 

ブルーギルはですね、釣り人からは
目の敵にされている サカナです

 

あつ森のフータによるブルーギルの解説

 

どこにでも適応できて 食欲も盛んなため、
元々いたサカナを 食べてしまうんですよね

 

あつ森のフータによるブルーギルの解説

 

中には、釣れるサカナが
ブルーギルだけに なってしまった
という場所も あるのだとか・・・

 

あつ森のフータによるブルーギルの解説

 

ま、顔を見る限り、本人に悪気があるとも
思えないんですけどね・・・

 

 

スポンサーリンク

 

ベタ

あつ森のフータによるベタの解説

 

ベタはですね、長いひれと 美しい色が
観賞用として人気の 熱帯魚ですが・・・

 

あつ森のフータによるベタの解説

 

非常に ナワバリ意識が強くて
ボロボロになるまで ケンカするので、
飼う場合には 注意が必要です

 

あつ森のフータによるベタの解説

 

相手を威かくする姿の 美しさを競い合う、
ベタの闘魚 なんていう競技まで
あるのだそうですよ・・・

 

 

スポンサーリンク

 

マグロ

あつ森のフータによるマグロの解説

 

マグロはですね、最大で3メートルにもなる
大型の 海のサカナです

 

あつ森のフータによるマグロの解説

 

かなりマッチョな 体を持っていまして、
寝ている間も 泳げちゃうらしいですよ?!

 

あつ森のフータによるマグロの解説

 

まぁ、泳ぎ続けていないと
息が出来なくて 死んでしまうから
という理由もあるのですが・・・

 

あつ森のフータによるマグロの解説

 

眠りの質について 日夜研究している
わたくしといたしましては、
まったくの理解のできない 世界であります

 

マンボウ

あつ森のフータによるマンボウの解説

 

マンボウはですね、
暖かい海に棲む 大型のサカナでして
実は フグの仲間です!

 

あつ森のフータによるマンボウの解説

 

ビックリしたような 丸い目と おちょぼ口が
そういえば フグと 似ていますよね

 

あつ森のフータによるマンボウの解説

 

大きな体で ゆっくり泳ぐその姿は
見ているだけで リラックス効果があって、
水族館でも 大人気なのです

 

 

スポンサーリンク

 

ミノカサゴ

あつ森のフータによるミノカサゴの解説

 

ミノカサゴはですね、
何本ものトゲと しま模様の体を持つ
いかにも危なそうな サカナです

 

あつ森のフータによるミノカサゴの解説

 

実際、猛毒を持っているのですが・・・
食べると案外 おいしいという情報も!

 

あつ森のフータによるミノカサゴの解説

 

まぁ、だからこそ全力で
危険アピールをしているのかも
しれないですけどね!

 

 

スポンサーリンク

 

メダカ

あつ森のフータによるメダカの解説

 

メダカは 金色の小さな体で
群れて泳ぐ姿が かわいらしいですね

 

あつ森のフータによるメダカの解説

 

体がスケスケで 中の組織が見やすいため、
観察用に 使われたりもします

 

あつ森のフータによるメダカの解説

 

食べたエサが フンになるまでの動きとか
とても面白くて わたくし、
一日中 観ていられる 自信があります!

 

 

スポンサーリンク

 

ヤマメ

あつ森のフータによるヤマメの解説

 

ヤマメはですね、
青い水玉模様が 特徴的な サケの仲間です

 

あつ森のフータによるヤマメの解説

 

この水玉模様、成長とともに消えると
されているのですが、場所によっては
出たまま だったりしまして・・・

 

あつ森のフータによるヤマメの解説

 

ヤマメの気まぐれな ファッションセンスに
研究者は 振り回されているのですよね

 

 

スポンサーリンク

 

ランチュウ

あつ森のフータによるランチュウの解説

 

ランチュウはですね、ボコボコした頭と
ずんぐりした丸い体が 愛らしい
キンギョの仲間です

 

あつ森のフータによるランチュウの解説

 

生まれた時は ふつうの頭なのですが、
3年ほどすると 迫力のある
四角い頭に なるそうですよ

 

あつ森のフータによるランチュウの解説

 

その頭の形も 水そうの大きさなどで
変わってくるといいますから・・・

 

あつ森のフータによるランチュウの解説

 

ランチュウを飼育する 愛好家たちは、
完ぺきな姿を目指して
日夜 大変な努力を 重ねているのです

 

あつ森のフータによるランチュウの解説

 

ま、ランチュウ自身が
自分の姿を 気にしているとは
思えませんけどね・・・

 

リュウグウノツカイ

あつ森のフータによるリュウグウノツカイの解説

 

リュウグウノツカイはですね、銀色の長い体と
赤い背びれを持つ 美しい 深海魚です

 

あつ森のフータによるリュウグウノツカイの解説

 

最長11メートルとも言われる その姿は
とても神秘的で・・・
古い伝説の中にも 登場したりするんですよ

 

あつ森のフータによるリュウグウノツカイの解説

 

とても深い海に 棲んでいるため、
生態は よくわかっていないものの・・・
割と 釣れたりします

 

あつ森のフータによるリュウグウノツカイの解説

 

もしかして わたくしたちに、
何か伝言でも あるのでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

 

レインボーフィッシュ

あつ森のフータによるレインボーフィッシュの解説

 

レインボーフィッシュはですね、
金属のような 虹色の体と 美しいヒレで
人気のある熱帯魚です

 

あつ森のフータによるレインボーフィッシュの解説

 

その種類は 50以上とも言われ、
それぞれ 独特の色を持っています

 

あつ森のフータによるレインボーフィッシュの解説

 

キラキラと輝きながら 泳ぐ姿を見ていると
優しい気持ちで 満たされるんですよね

 

ロウニンアジ

あつ森のフータによるロウニンアジの解説

 

ロウニンアジはですね、全長1.8m
体重80キロにもなる アジの仲間です

 

あつ森のフータによるロウニンアジの解説

 

力も非常に強いことから 釣り人に人気があり
「GT」という通称で 親しまれています

 

あつ森のフータによるロウニンアジの解説

 

エサの取り方が 非常にアグレッシブでして、
時には 海面上にジャンプして
空を飛ぶ鳥まで 食べてしまうとか!

 

あつ森のフータによるロウニンアジの解説

 

わたくしなどは 顔を見ているだけで、
震えてしまいます・・・

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ:フータの解説を聞いてみよう!

以上が調べられる範囲で調べたフータの魚の解説です。

あつ森でのんびりスローライフを満喫しましょう(*'▽')

 

ほかにもあつ森の記事を書いています。
こちらもご参考ください。

【あつ森】博物館に寄贈しているかどうかを確認する方法を解説します

【あつ森】フータの化石解説のまとめ

【あつ森】フータの虫解説のまとめ

【あつ森】博物館の美術品解説のまとめ

【あつ森】フータの海の幸解説のまとめ

今まで書いたあつ森の記事をまとめたものはこちらをご参考ください。

【あつ森】攻略記事のまとめ