エンジニアの将来って?

現在10年目エンジニアがプログラムの解説、ゲームの研究を書く雑記ブログです

【あつ森】フータの虫解説のまとめ

switchで発売されたあつまれどうぶつの森では、無人島を発展させていくと博物館という施設を作ることができます。

あつ森の博物館完成

この博物館では、

  • 化石

を展示することができます。
が、展示物は主人公の寄贈によってなりたっています。
寄贈するときに「聞かせて!」を選択すると、フータから寄贈したものの解説を聞くことができます。

f:id:Tairax:20200323185135p:plain

この記事では、フータの解説、特にの解説をまとめた記事です。

最終更新日:2020年9月5日。

目次から調べたい虫をお調べください!

f:id:Tairax:20200322172703p:plain

スポンサーリンク

 

アオスジアゲハ

あつ森のフータによるアオスジアゲハの解説

 

アオスジアゲハは、
ブルーのラインが美しい
アゲハチョウ科の チョウです

 

あつ森のフータによるアオスジアゲハの解説

 

チョウは オスとメスで
模様が異なることが 多いのですが、
アオスジアゲハは どちらも同じなんです

 

あつ森のフータによるアオスジアゲハの解説

 

幼虫の時に ハエなどに 寄生されたりして、
成虫になれるのは 100分の3 ほどだとか
いろいろ、キモチワルイ・・・

 

アカエリトリバネアゲハ

あつ森のフータによるアカエリトリバネアゲハの解説

 

アカエリトリバネアゲハはですね、
なんと 温泉の水が大好きでして
オスは群れを作って みんなで給水します

 

あつ森のフータによるアカエリトリバネアゲハの解説

 

一方で、メスは ジャングルの奥地にひそんで
給水にも 出てこないことが多いため、
ほとんど ヒトの目には 触れないんだとか

 

あつ森のフータによるアカエリトリバネアゲハの解説

 

オスたちが 温泉好きだったり、
オスもメスも 首に赤いエリをつけてたりして
オシャレさんというイメージが あるのですが

 

あつ森のフータによるアカエリトリバネアゲハの解説

 

幼虫時代には あえて 毒のある植物を食べ、
体内に毒をため込んで 捕食者から身を守る
という過激さも 持ち合わせています

 

あつ森のフータによるアカエリトリバネアゲハの解説

 

ちょっと やりすぎですよねぇ
そもそも 食べようなんて 思わないし・・・
ああ、キモチワルイ・・・

 

アキアカネ

あつ森のフータによるアキアカネの解説

 

アキアカネはですね、一般的には
赤トンボと呼ばれている トンボです

 

あつ森のフータによるアキアカネの解説

 

トンボの仲間は、4枚の羽を 上手く使って
自由自在に 空を飛ぶんですよね

 

あつ森のフータによるアキアカネの解説

 

空中で ホバリングが 出来たりするのは
あの薄い羽の形を 変形させながら
飛び方をコントロール しているからだとか

 

あつ森のフータによるアキアカネの解説

 

それにしても、羽に入っている
シミャクと呼ばれる 細かいスジ・・・
ああ、キモチワルイ・・・

 

アゲハチョウ

あつ森のフータによるアゲハチョウの解説

 

アゲハチョウと言えば、
特徴的な羽が 美しいと 言われていますね

 

あつ森のフータによるアゲハチョウの解説

 

わたくしのとっては グロテスクなだけで、
思い浮かべるだけで 鳥肌が立つ模様ですけど
まあ 好みは ヒトそれぞれですから

 

あつ森のフータによるアゲハチョウの解説

 

とは言いましても、さすがに
幼虫が カワイくて仕方がない という方は
そう多くはいらっしゃらないかと・・・

 

あつ森のフータによるアゲハチョウの解説

 

アゲハチョウの幼虫 と聞くと
緑色の青虫を 想像すると思うのですが、
小さい頃は 白と黒のまだら模様なんです

 

あつ森のフータによるアゲハチョウの解説

 

実はこれ、敵に 襲われないように、
鳥のフンに 見せかけているのだとか!
ああ、キモチワルイ・・・

 

アブラゼミ

あつ森のフータによるアブラゼミの解説

 

アブラゼミに限った 話ではありませんが
セミというのは なんと言いましょうか、
実にウルサイ 生き物ですよねぇ

 

あつ森のフータによるアブラゼミの解説

 

あれって 鳴いているのは オスだけで、
メスは ぜんぜん 鳴かないんですよね

 

あつ森のフータによるアブラゼミの解説

 

ジジジジ と聞こえる あの鳴き声が
油で揚げ物をする音に 似ていることから、
アブラゼミという名前が ついたとか・・・

 

あつ森のフータによるアブラゼミの解説

 

あっ! もちろん アブラゼミそのものを
揚げる音では ないですからね!
ああ、キモチワルイ・・・

 

アメンボ

あつ森のフータによるアメンボの解説

 

アメンボと言えば、水の上をスイスイと
滑るように移動できるのが 不思議ですよね

 

あつ森のフータによるアメンボの解説

 

アレって、足の裏に 細かい毛が生えていて
そこにしみ出す 体内で作られた油のおかげで
ぬれることなく浮いて 進めるのだそうです

 

あつ森のフータによるアメンボの解説

 

ところで この アメンボという名前、
アメのような 甘い香りがすることから
アメの棒→アメンボに なったとか

 

あつ森のフータによるアメンボの解説

 

それって、このムシを わざわざ鼻に近づけて
ニオイをかいだって ことですよね・・・
ああ、キモチワルイ・・・

 

アリ

あつ森のフータによるアリの解説

 

アリは とても小さなムシですが、
集団行動が基本の 社会性のある生き物です

 

あつ森のフータによるアリの解説

 

こどもを産めるのは 女王アリだけで
残りの 働きアリたちは、育児、巣の掃除、
食料の運搬などの仕事を 分担しています

 

あつ森のフータによるアリの解説

 

中には ほとんど働くことのない
なまけモノの アリも いるらしいのですが

 

あつ森のフータによるアリの解説

 

働きもののアリが 疲れたときは、
代わりに 重い腰を あげるのだとか

 

あつ森のフータによるアリの解説

 

なんだかんだ言っても 結局のところ、
なまけたままでは いられないのですね・・・
ああ、セチガライ・・・

 

アレキサンドラトリバネアゲハ

あつ森のフータによるアレキサンドラトリバネアゲハの解説

 

アレキサンドラトリバネアゲハはですね、
ハイビスカスの 花のミツが大好きな
世界でもっとも大きな チョウです

 

あつ森のフータによるアレキサンドラトリバネアゲハの解説

 

幼虫も 体長12センチを超える
チョ~巨大な イモムシなんだそうで、
モゾモゾ動いているのを 見た日はもう・・・

 

あつ森のフータによるアレキサンドラトリバネアゲハの解説

 

うう・・・ なんだか 説明しているだけで、
冷や汗が 止まらないです・・・
ああ、キモチワルイ・・・

 

イナゴ

あつ森のフータによるイナゴの解説

 

イナゴは、田んぼのイネを 食べてしまうため
害虫として 知られていますよね

 

あつ森のフータによるイナゴの解説

 

ですが 食用にもなることから、
昔から 駆除の意味もこめて
つくだ煮などにして 食べられてきました

 

あつ森のフータによるイナゴの解説

 

大きなくくりで言うと、
イナゴは バッタの一種と されていますが

 

あつ森のフータによるイナゴの解説

 

他のバッタは イナゴと違って
美味しくないのだそうです

 

あつ森のフータによるイナゴの解説

 

っていうか、味はどうであれ
バッタを食べてみた人が いるんですねぇ・・・
ああ、キモチワルイ・・・

 

 

スポンサーリンク

 

オウゴンオニクワガタ

あつ森のフータによるオウゴンオニクワガタの解説

 

オウゴンオニクワガタは、なんと言っても
全身の黄金の輝きが 一番の特徴ですね

 

あつ森のフータによるオウゴンオニクワガタの解説

 

体の色は 湿っているときは黒っぽく、
乾燥すると 黄金になります

 

あつ森のフータによるオウゴンオニクワガタの解説

 

金属っぽい 見た目のせいもあって、
はさまれたら かなり痛そうですよね・・・
ああ、オソロシヤ・・・

 

オオカバマダラ

あつ森のフータによるオオカバマダラの解説

 

オオカバマダラは、群れを作って
何千キロも 旅をするチョウです

 

あつ森のフータによるオオカバマダラの解説

 

旅をするムシは 他にもいますが、
行って帰ってくるムシ というのは、
この オオカバマダラだけ なのだそうですよ

 

あつ森のフータによるオオカバマダラの解説

 

数千万匹単位で 大移動して、
冬を過ごす 南の地の森林地帯では
木にびっしりと鈴なりな様子が 見られるとか

 

あつ森のフータによるオオカバマダラの解説

 

ううっ、想像しただけで めまいが・・・
ああ、キモチワルイ・・・

 

オオクワガタ

あつ森のフータによるオオクワガタの解説

 

オオクワガタは、かつては 愛好家の間で
黒いダイヤと呼ばれて、
高値で取引 されていたこともありました

 

あつ森のフータによるオオクワガタの解説

 

性格はおく病で 夜行性なため、
太陽が出ている日中は 木のスキマに
隠れていることが 多いようです

 

あつ森のフータによるオオクワガタの解説

 

普段は いたって温厚だけど、
怒ると ものすごく コワかったりして・・・
基本的に、ムシは信用していません・・・

 

オオゴマダラ

あつ森のフータによるオオゴマダラの解説

 

オオゴマダラは、白黒まだら模様の羽を持ち
ふわりふわりと 優雅な飛び方をする、
比較的 大型のチョウです

 

あつ森のフータによるオオゴマダラの解説

 

幼虫は 白と黒のシマ模様に 赤いはん点、
頭部と尾部に黒い角と 毒々しさ満点ですが、
サナギになると 金色に変わります

 

あつ森のフータによるオオゴマダラの解説

 

いくら金色になったところで
サナギは サナギですよ・・・
ああ、キモチワルイ・・・

 

オオセンチコガネ

あつ森のフータによるオオセンチコガネの解説

 

オオセンチコガネは、
金属的な光沢が とても美しい甲虫です

 

あつ森のフータによるオオセンチコガネの解説

 

ベースの色は 赤、青、緑と
地域によって 個体差があるんですよ

 

あつ森のフータによるオオセンチコガネの解説

 

幼虫、成虫ともに、牛や鹿のフンを食べ
クソムシと 呼ばれたりもする一方で、
幸運を運ぶムシとしても 知られています

 

あつ森のフータによるオオセンチコガネの解説

 

メタリックな輝きに ファンの多いムシですが
当然ながら わたくしは ニガテですね
ああ、キモチワルイ・・・

 

オオムラサキ

あつ森のフータによるオオムラサキの解説

 

オオムラサキは、光沢のある
青紫色の羽が美しい チョウです

 

あつ森のフータによるオオムラサキの解説

 

メスの羽は 青紫色ではありますが
オスよりも ひと回り 体が大きいため、
飛ぶ姿は 迫力があります

 

あつ森のフータによるオオムラサキの解説

 

気が強く、体格もしっかりしていて、
飛ぶ時も ひらひらと舞うのではなく
音が聞こえるほど 力強く羽ばたきます

 

あつ森のフータによるオオムラサキの解説

 

幼虫の顔がカワイイと 一部で人気ですが、
わたくしは だまされませんからね・・・
ああ、キモチワルイ・・・

 

オケラ

あつ森のフータによるオケラの解説

 

オケラは、正式には ケラという名前です

 

あつ森のフータによるオケラの解説

 

前足が モグラのように発達し、頭部は卵型、
体に毛が びっしり生えているなど
穴を掘り進むのに適した 姿をしています

 

あつ森のフータによるオケラの解説

 

と言っても 以外に泳げますし、
羽が生えていて 飛ぶこともできるため
活動範囲は 土の中だけとは限りません

 

あつ森のフータによるオケラの解説

 

そんなオケラの 気になる食生活ですが、
大好物は カブトムシの幼虫だそうです
ああ、キモチワルイ・・・

 

オニヤンマ

あつ森のフータによるオニヤンマの解説

 

オニヤンマは、大きな 緑色の目に
黄色と黒のシマ模様が 特徴的ですね

 

あつ森のフータによるオニヤンマの解説

 

幼虫であるヤゴから 成虫になるまでには
5年くらいかかります

 

あつ森のフータによるオニヤンマの解説

 

肉食のムシですから、単体であれば
スズメバチすらも 食べてしまうそうですよ
ああ、オソロシヤ・・・

 

 

スポンサーリンク

 

あつ森のフータによるカの解説

 

と言えば、血を吸われて カユくなる
というイメージが 浮かびますが・・・

 

あつ森のフータによるカの解説

 

血を吸うのは 産卵前のメスだけで、
オスや普段のメスは 花のミツや樹液を吸って
おとなしく 生きているんですよね

 

あつ森のフータによるカの解説

 

カに刺されると カユくなるのは
血を吸うときに だ液を注入されるためで、
中に含まれる成分への アレルギー反応です

 

あつ森のフータによるカの解説

 

それにしても、血を吸われていただけじゃなく、
余計な注射まで されていたなんて・・・
ああ、キモチワルイ・・・

 

あつ森のフータによるガの解説

 

と聞くと、なんとなく
夜行性のイメージが あると思いますが、
昼間に活動している もいるんですよ

 

あつ森のフータによるガの解説

 

とチョウの 明確な違いは無いのですが、
ざっくり分けると なんと 90%が
に分類されるそうです!

 

あつ森のフータによるガの解説

 

の特徴のひとつ・・・ というか
わたくしが 特に ニガテなのが
あの フサフサと発達した 触角・・・

 

あつ森のフータによるガの解説

 

ああ、さきほどから
鳥肌が 治まらないです・・・
ま、鳥なんですけど・・・

 

カタツムリ

あつ森のフータによるカタツムリの解説

 

カタツムリは、ムシではありません
そうですそうです、貝の仲間ですよね

 

あつ森のフータによるカタツムリの解説

 

殻があるのが カタツムリ
ないのが ナメクジと思いがちですが、
実は まったく別の 生き物なんです

 

あつ森のフータによるカタツムリの解説

 

カタツムリは 生まれたときから
殻を背負っていて、取り外せません
ヤドカリのようには いかないんですね

 

あつ森のフータによるカタツムリの解説

 

そのかわり、カタツムリの 成長に合わせて
殻も ドンドン 大きくなります

 

あつ森のフータによるカタツムリの解説

 

つまり、殻も生きている ということですね
うう、ムシじゃないケド、キモチワルイ・・・

 

カナブン

あつ森のフータによるカナブンの解説

 

カナブンは、ハナムグリの一種ですね
コガネムシと 間違われがちです

 

あつ森のフータによるカナブンの解説

 

背中が平たく 頭が四角いのが カナブン、
体も頭も 丸っこいのが コガネムシで、
カナブンは樹液を吸いますが 葉は食べません

 

あつ森のフータによるカナブンの解説

 

よく観察すると、どちらの幼虫にも
うっすらと毛が 生えています
ああ、キモチワルイ・・・

 

カブトムシ

あつ森のフータによるカブトムシの解説

 

カブトムシの頭は その名の通り、
武将のかぶとに 似た形をしています

 

あつ森のフータによるカブトムシの解説

 

成虫になって 角があるのは オスだけで、
メスは ケンカをする必要がないため
かわりに 小さなトゲが あるだけです

 

あつ森のフータによるカブトムシの解説

 

ところで 幼虫も さることながら、
サナギのキモチワルさったら もう・・・

 

あつ森のフータによるカブトムシの解説

 

触ると ぶよぶよしていますし、
中は いったい どうなっているのでしょうか・・・
ああ、思い出すんじゃなかった・・・

 

カマキリ

あつ森のフータによるカマキリの解説

 

カマキリは、オスよりもメスのほうが
体が大きくて 力も強いことで有名です

 

あつ森のフータによるカマキリの解説

 

ムシの中で 唯一、視線を好きな方向に
向けることが出来るため、
ハンターとしての 腕はピカイチ!

 

あつ森のフータによるカマキリの解説

 

カマを持ち上げた ファイティングポーズは
小さいながらも 迫力満点ですね

 

あつ森のフータによるカマキリの解説

 

視線も合っちゃいますし、
わたくし、見てるだけで、冷や汗が・・・
ああ、キモチワルイ・・・

 

カメムシ

あつ森のフータによるカメムシの解説

 

カメムシは、臭いニオイで おなじみですね
ストローのような口を 突き刺して、
植物の汁を吸います

 

あつ森のフータによるカメムシの解説

 

様々な カメムシがいるのですが
農作物を食べる種類も 多いため、
害虫扱いされることが ほとんどです

 

あつ森のフータによるカメムシの解説

 

わたくしとしては、キョーレツなニオイを
発する時点で 害虫だと思いますが・・・
あのニオイ、トラウマです・・・

 

カラスアゲハ

あつ森のフータによるカラスアゲハの解説

 

カラスアゲハは その名の通り
カラスの羽のような 色合いですが、
光の当たり方で 青や緑色に輝きます

 

あつ森のフータによるカラスアゲハの解説

 

オスにだけ、前の羽に ビロード状の
黒っぽい毛が 生えているんですよ

 

あつ森のフータによるカラスアゲハの解説

 

メスのほうは はん点模様が 鮮やかですが、
じーっと見てると、わたくし 鳥肌が・・・
ま、鳥なんですけど・・・

 

ギラファノコギリクワガタ

あつ森のフータによるギラファノコギリクワガタの解説

 

ギラファノコギリクワガタは、大きいもので
12センチを超える 世界最長のクワガタです

 

あつ森のフータによるギラファノコギリクワガタの解説

 

ギラファとは キリンという意味で
長いアゴの形を キリンの首に見立てて
名付けられました

 

あつ森のフータによるギラファノコギリクワガタの解説

 

大アゴの内歯は、他のクワガタの角やアゴを、
切断できるほど 鋭いらしいですよ・・・
ううっ、コワすぎます・・・

 

キリギリス

あつ森のフータによるキリギリスの解説

 

キリギリスは、ギーッチョンという
特徴的な 鳴き声で 知られています
ホントに そう聞こえるかは 別として・・・

 

あつ森のフータによるキリギリスの解説

 

羽の片方が ギザギザになっていて、
もう片方の羽の トガった部分でこすって
あの音を 出しているんです

 

あつ森のフータによるキリギリスの解説

 

花の種や 花粉を食べて 成長しますが、
時には小型の昆虫も 捕食するのだとか・・・

 

あつ森のフータによるキリギリスの解説

 

バイオレンスな お食事風景は、
できれば 見たくないですよねぇ・・・
ああ、キモチワルイ・・・

 

ギンヤンマ

あつ森のフータによるギンヤンマの解説

 

ギンヤンマは、時速60キロもの 速さで飛ぶ
ムシの中で 一番速い 大型のトンボです

 

あつ森のフータによるギンヤンマの解説

 

鮮やかな 緑色の体が 特徴的で、
オスは お腹の境目部分が 水色ですが
メスは 黄緑色をしています

 

あつ森のフータによるギンヤンマの解説

 

幼虫、いわゆるヤゴの時期は、
自分より大きな オタマジャクシや
小魚なども 食べるのですが

 

あつ森のフータによるギンヤンマの解説

 

食べるものが 少ない環境においては、
共食いをすることも あるようですね・・・
ああ、キモチワルイ・・・

 

 

スポンサーリンク

 

クマゼミ

あつ森のフータによるクマゼミの解説

 

クマゼミという名前は、
体が大きくて 黒いことから
そう呼ばれるように なったそうです

 

あつ森のフータによるクマゼミの解説

 

羽化して しばらくの間は
背中に 黄色い毛が 生えているのですが、
数日経つと 消えてしまうんです

 

あつ森のフータによるクマゼミの解説

 

つまり 毛が生えている 時期というのは、
結構 レアだということですね

 

あつ森のフータによるクマゼミの解説

 

毛が生えた セミなんて、想像しただけで
ゾワゾワしてしまいますけど・・・
ああ、キモチワルイ・・・

 

クモ

あつ森のフータによるクモの解説

 

クモは、オシリから糸を出して 張ったあみで
獲物を つかまえることで おなじみですが、
あみを張らない種も 半数くらいいます

 

あつ森のフータによるクモの解説

 

ほとんどのクモは 肉食性で、
自分と ほぼ同じ大きさ、中には
数倍の大きさの動物を 捕食します

 

あつ森のフータによるクモの解説

 

クモより ずっと大きな体に生まれて
良かったと つくづく思いますよ・・・
ああ、オソロシヤ・・・

 

ゲンゴロウ

あつ森のフータによるゲンゴロウの解説

 

ゲンゴロウと言えば、やはり あの
コロンとしたフォルムが 特徴ですね

 

あつ森のフータによるゲンゴロウの解説

 

体に やや ツヤがあるのが オスで、
メスに くっつきやすくするために
前足が 吸盤状に なっています

 

あつ森のフータによるゲンゴロウの解説

 

太い うしろ足は、水をかき分けやすく、
泳ぎに適した体に なっているんですよね

 

あつ森のフータによるゲンゴロウの解説

 

ちなみに その 長く太い うしろ足には、
ブラシみたいな毛が ビッシリ生えてるんです
ああ、キモチワルイ・・・

 

コーカサスオオカブト

あつ森のフータによるコーカサスオオカブトの解説

 

コーカサスオオカブトは、幼虫の頃から
闘争心が強いと言われている カブトムシです

 

あつ森のフータによるコーカサスオオカブトの解説

 

とにかく ケンカっ早くて、
戦うために生まれてきたような ムシなんです

 

あつ森のフータによるコーカサスオオカブトの解説

 

大きな3本の角が 特徴的ですが、
見ているだけで わたくし 冷や汗が・・・
ああ、キモチワルイ・・・

 

コオロギ

あつ森のフータによるコオロギの解説

 

コオロギは、そのほとんどが 夜行性で、
夕暮れ時に鳴き始め 夜には大合唱となる様は
秋の風物詩とも 言えますね

 

あつ森のフータによるコオロギの解説

 

コオロギは 耳の場所が 少し変わっていて、
前足の 付け根の近くにあるんです

 

あつ森のフータによるコオロギの解説

 

ちなみに、足は よく見ると
小さなトゲが いくつも生えています
よく見るんじゃなかった・・・

 

コノハムシ

あつ森のフータによるコノハムシの解説

 

コノハムシは、草食性のムシです
オスメスともに その名のとおり、
木の葉のような形を しているんですよね

 

あつ森のフータによるコノハムシの解説

 

特にメスは オスよりも完成度が高く、
少し枯れかかっている 葉の茶色い部分まで
かなり細かく 再現できています

 

あつ森のフータによるコノハムシの解説

 

あまりに 木の葉に似ているため、
葉を食べる虫に かじられることも・・・

 

あつ森のフータによるコノハムシの解説

 

こんなにソックリだと わたくしも
間違えて 触ってしまうんじゃないかと・・・
ああ、キモチワルイ・・・

 

ゴマダラカミキリ

あつ森のフータによるゴマダラカミキリの解説

 

ゴマダラカミキリはですね、
あごの力がとても強い ムシなんです

 

あつ森のフータによるゴマダラカミキリの解説

 

大あごの筋肉が 非常に発達しており、
堅い木など 植物のせんいを
平気で ボリボリ食べてしまいます

 

あつ森のフータによるゴマダラカミキリの解説

 

テッポウムシと呼ばれる 幼虫が食べた木には
てっぽうで撃たれたような穴が開き、
成虫と同様、大きな食害をもたらします

 

あつ森のフータによるゴマダラカミキリの解説

 

このように やっかいモノの幼虫ですが、
焼いて食べると なかなかの味なんだとか
なにも、食べなくても・・・

 

ゴライアスオオツノハナムグリ

あつ森のフータによるゴライアスオオツノハナムグリの解説

 

ゴライアスオオツノハナムグリはですね、
大きいものだと 体長が10センチを超える
大型で 重量級の ハナムグリです

 

あつ森のフータによるゴライアスオオツノハナムグリの解説

 

ハナムグリは 樹液や 花粉を好むため、
花にもぐる姿が 花もぐり→ハナムグリ と
名前の由来に なっているようです

 

あつ森のフータによるゴライアスオオツノハナムグリの解説

 

この ゴライアスオオツノハナムグリ
胸の背中側のフチが ナイフの様になっていて

 

あつ森のフータによるゴライアスオオツノハナムグリの解説

 

油断していると ここに はさまれて
ヒドイ目に あうことに・・・
ああ、オソロシヤ・・・

 

 

スポンサーリンク

 

サソリ

あつ森のフータによるサソリの解説

 

サソリは、エビ仲間だと 思われがちですが
どちらかと言うと クモに近いんですよ

 

あつ森のフータによるサソリの解説

 

ひと口に サソリと言いましても、
種類によっては 性格がおとなしくて
毒性も弱いものも 存在しています

 

あつ森のフータによるサソリの解説

 

ですが、しっぽを掲げて 威かくする姿は、
わたくし 見ているだけで 冷や汗が・・・
ああ、オソロシヤ・・・

 

ショウリョウバッタ

あつ森のフータによるショウリョウバッタの解説

 

ショウリョウバッタのオスは、
飛ぶ時に チキチキと 音を立てることから
チキチキバッタとも 呼ばれています

 

あつ森のフータによるショウリョウバッタの解説

 

また、指でつまむと 口から茶色の液体を
はき出すことが あるところから、
ショウユバッタと 言われたりもしますね

 

あつ森のフータによるショウリョウバッタの解説

 

あの液体は 血ではないらしいのですが、
初めて見た時は ビックリしましたよ・・・
ああ、キモチワルイ・・・

 

ジンメンカメムシ

あつ森のフータによるジンメンカメムシの解説

 

ジンメンカメムシの名前は、
頭を下に向けて見ると 背中の模様が
人の顔に見えることから 付けられました

 

あつ森のフータによるジンメンカメムシの解説

 

元々は オオアカカメムシという名前でしたが
一度 人の顔に見えてしまうと、
今の呼び名以外 考えられませんよね

 

あつ森のフータによるジンメンカメムシの解説

 

頭を上にして見ても、わたくしには
ヒゲのおじさんの顔に 見えますけどね・・・
とにかく、キモチワルイ・・・

 

 

スポンサーリンク

 

スズムシ

あつ森のフータによるスズムシの解説

 

スズムシは、秋を代表するムシですね
古くから 鳴き声を楽しむ ムシとされ、
竹かごなどに入れて 観賞されてきました

 

あつ森のフータによるスズムシの解説

 

鳴き声と言っても 鳴いているのではなく、
大きな羽をこすり合わせて
リーンという音を 出しているんですよね

 

あつ森のフータによるスズムシの解説

 

昆虫の羽は 通常4枚ですが、
スズムシは 成虫になると
うしろ羽が抜け落ちて 2枚になるそうです

 

あつ森のフータによるスズムシの解説

 

そこらヘンに、羽が落ちているのではないか?
と思うと、心おだやかでは いられません・・・
ああ、キモチワルイ・・・

 

ゾウカブト

あつ森のフータによるゾウカブトの解説

 

ゾウカブトは、世界一 体重が重い
カブトムシだと 言われています

 

あつ森のフータによるゾウカブトの解説

 

とてもおとなしい性格で、
戦うことは ほとんどありません

 

あつ森のフータによるゾウカブトの解説

 

その名のとおり、頭部の角は
ゾウの鼻のようにも 見えますね

 

あつ森のフータによるゾウカブトの解説

 

背中にビロード状の体毛がある この種は、
エレファスゾウカブトと
呼ばれているのですが・・・

 

あつ森のフータによるゾウカブトの解説

 

わたくし、ムシの中でも 毛が生えたムシ
というのが たまらなく ニガテでして・・・
ああ、キモチワルイ・・・

 

 

スポンサーリンク

 

タガメ

あつ森のフータによるタガメの解説

 

タガメは 水中で生活をしておりまして、
カエルや 大きなサカナなども
食べてしまう 肉食のムシです

 

あつ森のフータによるタガメの解説

 

大きな前足を 上手に使って
ヘビをも仕留めてしまう ワイルドさが
水中のギャングとも呼ばれる 所以です

 

あつ森のフータによるタガメの解説

 

カメムシの仲間と聞くと 油断しちゃいますが
刺されると、それはそれは 痛いそうですよ
ああ、オソロシヤ・・・

 

タマムシ

あつ森のフータによるタマムシの解説

 

タマムシは、緑色の光沢に
赤いラインが きらりと輝く、
とても美しいムシですね

 

あつ森のフータによるタマムシの解説

 

このムシが持つ 金属光沢の羽は
ひときわ あでやかなため、
工芸品などにも 使われてきました

 

あつ森のフータによるタマムシの解説

 

確かに キレイなのは わかりますが、
わたくしにとっては ムシはムシ・・・
ああ、キモチワルイ・・・

 

タランチュラ

あつ森のフータによるタランチュラの解説

 

タランチュラは、毒を持つ 巨大なクモです
悪そうな見た目を していますが、
性格は おとなしそうなものが 多いそうです

 

あつ森のフータによるタランチュラの解説

 

10本に見えますが 脚はあくまでも8本、
あとの2本は 触肢と呼ばれる感覚器官で
昆虫で言うと 触角みたいなものですね

 

あつ森のフータによるタランチュラの解説

 

ところで、巨大なタランチュラは
鳥を捕食することも あるそうですよ
ひぃぃ、コワすぎます・・・

 

 

スポンサーリンク

 

ツクツクホウシ

あつ森のフータによるツクツクホウシの解説

 

ツクツクホウシは 小型の細長いセミで、
夏の終わりから 秋にかけて 鳴き始めます

 

あつ森のフータによるツクツクホウシの解説

 

鳴き声は 他のセミと 異なり、
はっきりとした ひとつの曲のように
メロディアスなのが 特徴ですね

 

あつ森のフータによるツクツクホウシの解説

 

一匹が 鳴き始めると、
たちまち 大合唱になることも・・・

 

あつ森のフータによるツクツクホウシの解説

 

ということは つまり、かなりの数のムシが
近くにいるって ことですよねぇ?・・・
ああ、キモチワルイ・・・

 

テントウムシ

あつ森のフータによるテントウムシの解説

 

テントウムシは 太陽に向かって飛ぶため、
お天道様から 名前が付けられました

 

あつ森のフータによるテントウムシの解説

 

外出先で テントウムシが 体に止まると
幸せが訪れるという ジンクスもあるようです

 

あつ森のフータによるテントウムシの解説

 

でも、いくら可愛くても、飛び立つ時の
羽を広げる様は、ムシそのもの・・・
ああ、キモチワルイ・・・

 

トノサマバッタ

あつ森のフータによるトノサマバッタの解説

 

トノサマバッタは、
広い草むらなどで よく見かける
大振りな バッタです

 

あつ森のフータによるトノサマバッタの解説

 

一般的な体色は 緑色ですが、
密度の高い場所で 育ったものは茶色く
緑のものに比べて 気性が荒いのが特徴です

 

あつ森のフータによるトノサマバッタの解説

 

時々 大発生して 農作物に害をもたらすのは
茶色いほうの トノサマバッタですね
イナゴ同様、困ったヤツらです・・・

 

 

スポンサーリンク

 

ナナフシ

あつ森のフータによるナナフシの解説

 

ナナフシは、木の枝にソックリな ムシですね
名前どおり 節が7つなのかと思いきや、
数えてみると 7つ以上あります

 

あつ森のフータによるナナフシの解説

 

ナナフシの卵は まるで植物の種のように、
鳥に捕食されても 消化されることなく
そのまま はいせつ されるのだそうです

 

あつ森のフータによるナナフシの解説

 

種類によっては、60センチを超える
ビッグサイズの ナナフシもいるとか・・・
ああ、キモチワルイ・・・

 

ニジイロクワガタ

あつ森のフータによるニジイロクワガタの解説

 

ニジイロクワガタは、緑色をベースとして
見る角度で変化する 虹色の光沢を持つ、
世界で最も美しい クワガタと言われています

 

あつ森のフータによるニジイロクワガタの解説

 

大きなアゴを 持っていますが
そこまで体は 大きくなく、
せわしなく 小競り合いするように戦います

 

あつ森のフータによるニジイロクワガタの解説

 

虹色なのは 背中だけでなく、
なんと裏側も メタリックなんですよ!
ああ、キモチワルイ・・・

 

ニシキオオツバメガ

あつ森のフータによるニシキオオツバメガの解説

 

ニシキオオツバメガは、
世界で最も美しい ガ と呼ばれています

 

あつ森のフータによるニシキオオツバメガの解説

 

ガという生き物の多くは 夜行性なのですが、
ニシキオオツバメガは 昼間に活動します

 

あつ森のフータによるニシキオオツバメガの解説

 

これもう、チョウでよくないですか?
わたくしにとっては、同じことですが・・・
ああ、どっちも キモチワルイ・・・

 

 

スポンサーリンク

 

ノコギリクワガタ

あつ森のフータによるノコギリクワガタの解説

 

ノコギリクワガタのオスは、大アゴの内側に
ノコギリのような ギザギザの歯があります

 

あつ森のフータによるノコギリクワガタの解説

 

カーブがかかった 大きなアゴは、
水牛とも呼ばれて カッコイイんですよね

 

f:id:Tairax:20200704074623p:plain

 

ただし、そんなのに はさまれると
相当痛いので お気をつけください・・・
ああ、オソロシヤ・・・

 

ノミ

あつ森のフータによるノミの解説

 

ノミというのは やっかいな生き物ですね
ご存知のように 動物やヒトの血を吸いますが
これが カユいの なんのって!

 

あつ森のフータによるノミの解説

 

カは 産卵時のメスしか 血を吸いませんが、
ノミは 血を主食としているため、
オスもメスも 吸ってくるので たまりません

 

あつ森のフータによるノミの解説

 

体長の50倍以上という 驚異のジャンプ力で
これはという相手に 飛び移っていきます
ああ、キモチワルイ・・・

 

 

スポンサーリンク

 

バイオリンムシ

あつ森のフータによるバイオリンムシの解説

 

バイオリンムシは、体の形が
楽器のバイオリンに よく似ているため、
そう呼ばれるようになりました

 

あつ森のフータによるバイオリンムシの解説

 

サルノコシカケという キノコを好むため、
その近くで よく見かけます

 

あつ森のフータによるバイオリンムシの解説

 

しかし このバイオリンムシ、
その優雅な名前からは 想像出来ませんが
実は 毒を持っている ムシなんですよ

 

あつ森のフータによるバイオリンムシの解説

 

危険を察知すると、おしりから 毒のある
臭い液体を ふん射するそうです
ああ、キモチワルイ・・・

 

ハエ

あつ森のフータによるハエの解説

 

ハエはですね、足のウラで 食べ物の味を
感じることが 出来るのだそうです

 

あつ森のフータによるハエの解説

 

前足を しきりに こするのは、
味や ニオイを感じる 大事な場所に
ゴミが付かないように するためなんですよね

 

あつ森のフータによるハエの解説

 

それと、どんな場所にでも 止まれるように、
ネバネバの液も 足から出てるそうです
ああ、キモチワルイ・・・

 

ハチ

あつ森のフータによるハチの解説

 

ハチは、集団生活を基本とし、
親が 子の世話をすることから
社会性昆虫と 呼ばれております

 

あつ森のフータによるハチの解説

 

種類によって 巣の形は違いますが、
中にはほとんどすべて 六角形の
ハニカム構造と言われる 形なんですよ

 

あつ森のフータによるハチの解説

 

たくさんのハチが 巣を出入りする様は、
想像するだけで ゾワゾワしますねえ・・・
ああ、キモチワルイ・・・

 

ハナカマキリ

あつ森のフータによるハナカマキリの解説

 

ハナカマキリは、その色や姿が
花にそっくりな ムシです

 

あつ森のフータによるハナカマキリの解説

 

特に まだ羽の生えていない 幼虫の頃は、
ラン科の植物の花に とても似ています

 

あつ森のフータによるハナカマキリの解説

 

花にまぎれて 敵を あざむくだけでなく、
ミツを吸おうと来たムシを 食べちゃうんです

 

あつ森のフータによるハナカマキリの解説

 

キレイな花かと思って 近づいたら
ムシだったなんて あんまりですねぇ・・・
ああ、オソロシヤ・・・

 

ハンミョウ

あつ森のフータによるハンミョウの解説

 

ハンミョウは、人が歩いている前で
飛んでは止まり 飛んでは止まり するため、
まるで 道案内しているようにも見えます

 

あつ森のフータによるハンミョウの解説

 

そのことから、ミチオシエ とも
呼ばれている ムシなんですよね

 

あつ森のフータによるハンミョウの解説

 

カラフルで美しいと 評判のようですが・・・
あの光たくを見てると ゾワゾワしてきます
ああ、キモチワルイ・・・

 

ヒグラシ

あつ森のフータによるヒグラシの解説

 

ヒグラシは、夏の夕暮れを代表する
情緒あふれる セミですね

 

あつ森のフータによるヒグラシの解説

 

夕方に鳴くことが 多いことから、
日を暮れさせるもの ということで
ヒグラシという 名前がついたそうです

 

あつ森のフータによるヒグラシの解説

 

切なくも美しい鳴き声に 哀愁を覚えますが、
セミはセミ、ただの小型の セミですよ
ああ、ヤカマシイ・・・

 

 

スポンサーリンク

 

フナムシ

あつ森のフータによるフナムシの解説

 

実は フナムシって 雑食性なんですよ
何でも食べることから、海岸の掃除屋さん
なんて 呼ばれている ぐらいです

 

あつ森のフータによるフナムシの解説

 

海沿いに 生息しているため
泳げるムシだと 思われがちですが、
長時間の水泳には向いていません

 

あつ森のフータによるフナムシの解説

 

見た目と 動きの速さから、
黒いアレに似ていると よく言われます
ああ、キモチワルイ・・・

 

プラチナコガネ

あつ森のフータによるプラチナコガネの解説

 

プラチナコガネは、
森の宝石とも 言われています

 

あつ森のフータによるプラチナコガネの解説

 

プラチナという 名前にふさわしく、
このムシの体は 周辺の景色が写るほどの
輝きを 放っているんですよね

 

あつ森のフータによるプラチナコガネの解説

 

愛好家の間では 高値で取引されていますが、
宝石は宝石、ムシはムシですよ・・・
ああ、キモチワルイ・・・

 

ヘラクレスオオカブト

あつ森のフータによるヘラクレスオオカブトの解説

 

長い2本の角を持つ ヘラクレスオオカブト
全長18センチにもなる 世界最長の甲虫、
カブトムシの王様とも 言われています

 

あつ森のフータによるヘラクレスオオカブトの解説

 

背中の硬いハネは 湿度が高いと黒っぽくなり
乾燥していると 黄色くなるようです
ちなみに・・・

 

あつ森のフータによるヘラクレスオオカブトの解説

 

角の内側には、敵をはさむ時のスベリ止めに
黄色く短い毛が ビッシリ生えているんですよね
ああ、キモチワルイ・・・

 

ホウセキゾウムシ

あつ森のフータによるホウセキゾウムシの解説

 

ホウセキゾウムシは、青や緑などの
鮮やかな色が とても美しいゾウムシです

 

あつ森のフータによるホウセキゾウムシの解説

 

その名のとおり、絵の具でぬったような
光り輝く体色は さながら 生きる宝石!

 

あつ森のフータによるホウセキゾウムシの解説

とは言え、あくまでも ムシはムシ
わたくしは、触りたくないですね・・・
ああ、キモチワルイ・・・

 

ホタル

あつ森のフータによるホタルの解説

 

ホタルと言えば、ピカピカ光るオシリが
一番の チャームポイントですね

 

あつ森のフータによるホタルの解説

 

暗やみの中で舞う光は 夏の風物詩ですが、
中には 全く光らない種類も いるんですよ

 

あつ森のフータによるホタルの解説

 

その一方で、幼虫、サナギ、卵までも
発光させることが 出来る種類もいるので、
ひと口に ホタルと言っても 様々ですねぇ

 

あつ森のフータによるホタルの解説

 

ま、どっちにしても、わたくしにとっては
ただのムシですけどね・・・
ああ、キモチワルイ・・・

 

 

スポンサーリンク

 

ミイロタテハ

あつ森のフータによるミイロタテハの解説

 

ミイロタテハはですね、
世界一 美しいと 言われているチョウです

 

あつ森のフータによるミイロタテハの解説

 

一般的に、チョウは メスよりもオスの方が
鮮やかな色をしているのですが、
このチョウは メスも とても美しいです

 

あつ森のフータによるミイロタテハの解説

 

コレクターの間では 人気のチョウですが、
飛ぶスピードが とても早いので
つかまえるのは とても難しいらしいですよ

 

あつ森のフータによるミイロタテハの解説

 

ちなみに、花のミツではなく
腐った果物や 人のフンを 好むそうです
なんでまた、そんなモノを・・・

 

ミツバチ

あつ森のフータによるミツバチの解説

 

ミツバチと言えば、ハチミツですよね
しかし、この ハチミツというものは、
単なる花のミツでは ないんですよ

 

あつ森のフータによるミツバチの解説

 

集めた花のミツを 巣の中で加工したものが、
一般的には ハチミツと 呼ばれています

 

あつ森のフータによるミツバチの解説

 

ミツバチたちの ひと手間によって作られた
努力の結晶と いったところでしょうか
おっと・・・

 

あつ森のフータによるミツバチの解説

 

せっかく おいしくいただいている ハチミツ
深くは考えずに おきましょう・・・
ああ、キモチワルイ・・・

 

ミノムシ

あつ森のフータによるミノムシの解説

 

ミノムシは、ミノガという ガの幼虫です
ミノは 木の葉などで 出来ていて
実は それなりに 強度もあるんですよ

 

あつ森のフータによるミノムシの解説

 

オスは 成虫になると ガになりますが、
メスは 一生ミノの中で過ごします

 

あつ森のフータによるミノムシの解説

 

ぶら下がった姿は 少し可愛いですが、
結局は ムシの幼虫ですからね・・・
ああ、キモチワルイ・・・

 

ミヤマクワガタ

あつ森のフータによるミヤマクワガタの解説

 

ミヤマクワガタは、頭の部分に 耳みたいな
出っ張りがあるのが 特徴ですね

 

あつ森のフータによるミヤマクワガタの解説

 

ミヤマクワガタの ミヤマは
漢字で書くと「深山」で、
山奥のクワガタと いう意味です

 

あつ森のフータによるミヤマクワガタの解説

 

とても 力が強い ムシなので、
指を はさまれると かなり痛いです
ああ、オソロシヤ・・・

 

ミンミンゼミ

あつ森のフータによるミンミンゼミの解説

 

ミンミンゼミという名前は、
ミンミンという鳴き声から つけられました
そのままですね!

 

あつ森のフータによるミンミンゼミの解説

 

主に 午前中に鳴くセミで、他のセミよりも
羽の長さに比べて 体が短いのが特徴です

 

あつ森のフータによるミンミンゼミの解説

 

それにしても、あのおしりの シマシマと、
背中にある 緑のまだら模様・・・

 

あつ森のフータによるミンミンゼミの解説

 

見ているだけで わたくし もう
ゾワゾワしてしまいます
ああ、キモチワルイ・・・

 

 

スポンサーリンク

 

ムカデ

あつ森のフータによるムカデの解説

 

ムカデは、漢字で「百足」と書きますが
実際の足の数は 100本もありません

 

あつ森のフータによるムカデの解説

 

見た目どおり 毒を持っているムシなので、
かまれてしまうと ひどく はれます
出くわしたときは 気をつけてください!

 

あつ森のフータによるムカデの解説

 

肉食なので、なんでも 襲うようですよ
決して 飼おうなんて 思わないでくださいね

 

あつ森のフータによるムカデの解説

 

ゴキブリを 食べてくれるらしいのですが、
わたくしは エンリョしておきます・・・
ああ、キモチワルイ・・・

 

モルフォチョウ

あつ森のフータによるモルフォチョウの解説

 

モルフォチョウは、森の宝石とも言われ
鮮やかなブルーが とても美しいチョウです

 

あつ森のフータによるモルフォチョウの解説

 

実はこの色は 色素ではなく、
何層にも重なった 透明な りん粉による
光の乱反射から 生まれているんです

 

あつ森のフータによるモルフォチョウの解説

 

しかし、いくら キレイだと言っても、
ムシは ムシですからね・・・
ああ、キモチワルイ・・・

 

モンキチョウ

あつ森のフータによるモンキチョウの解説

 

モンキチョウは、あの黄色い羽が
一番の特徴だと 言えますね

 

あつ森のフータによるモンキチョウの解説

 

オスの モンキチョウは すべて黄色ですが、
メスは 白い個体も 存在します

 

あつ森のフータによるモンキチョウの解説

 

チョウになる前の 青虫の頃は、
クローバーや エンドウなどの
マメ科の植物を 好んで食べるそうですよ

 

あつ森のフータによるモンキチョウの解説

 

四葉のクローバーを 探していると、
近くに 幼虫がいるかも しれませんね
ああ、キモチワルイ・・・

 

モンシロチョウ

あつ森のフータによるモンシロチョウの解説

 

モンシロチョウは、白い羽が おなじみの
畑や野原で よく見かけるチョウですね

 

あつ森のフータによるモンシロチョウの解説

 

黒いはん点がある 白いチョウなので
モンクロシロチョウ という名前でしたが、
長いので モンシロチョウになりました

 

あつ森のフータによるモンシロチョウの解説

 

幼虫の頃は 緑色のイモムシで、
一般的には 青虫と呼ばれています
ああ、キモチワルイ・・・

 

 

スポンサーリンク

 

ヤドカリ

あつ森のフータによるヤドカリの解説

 

ヤドカリは エビやカニの仲間なのですが、
殻を背負った姿が とてもユニークですね

 

あつ森のフータによるヤドカリの解説

 

背中の殻は 自分で作り出すのではなく、
死んだ巻貝の 空になった貝殻を利用します

 

あつ森のフータによるヤドカリの解説

 

自分の成長に合わせて 別の殻を探すので、
宿を借りるというのが 名前の由来です

 

あつ森のフータによるヤドカリの解説

 

自分の体に合った いいサイズの貝殻が
いつでも 落ちているワケではないので

 

あつ森のフータによるヤドカリの解説

 

ヤドカリは 常に 住宅難の状態なのだとか
なんだか 身につまされる話ですねぇ・・・
ていうか、お腹の部分がキモチワルイ・・・

 

ヨナグニサン

あつ森のフータによるヨナグニサンの解説

 

ヨナグニサンは 世界最大級のガで、
羽の模様が 毒ヘビのように見えるのは
捕食者をけん制するためとも 言われています

 

あつ森のフータによるヨナグニサンの解説

 

成虫になると 口が退化してしまい
エサを 一切 食べられなくなるため、
長くても 二週間しか 生きられないそうです

 

あつ森のフータによるヨナグニサンの解説

 

そう聞くと 少し 気の毒にも思えますが、
この 見た目と大きさ・・・
ふつうに、キモチワルイ・・・

 

ルリボシカミキリ

あつ森のフータによるルリボシカミキリの解説

 

ルリボシカミキリは、ブルーの体色が
非常に美しい カミキリムシです

 

あつ森のフータによるルリボシカミキリの解説

 

愛好家の間では 大人気のムシですが、
死ぬと 体色が 赤かっ色になってしまうため
標本にするのには 向いていません

 

あつ森のフータによるルリボシカミキリの解説

 

ところで・・・太い触覚をよく見るとですね
黒い毛が もじゃもじゃと・・・
ああ、キモチワルイ・・・

 

 

スポンサーリンク

 

まとめ:フータの解説を聞いてみよう!

以上が調べられる範囲で調べたフータの虫の解説です。

あつ森でのんびりスローライフを満喫しましょう(*'▽')

 

ほかにもあつ森の記事を書いています。
こちらもご参考ください。

【あつ森】博物館に寄贈しているかどうかを確認する方法を解説します

【あつ森】フータの化石解説のまとめ

【あつ森】フータの魚解説のまとめ

【あつ森】博物館の美術品解説のまとめ

【あつ森】フータの海の幸解説のまとめ

今まで書いたあつ森の記事をまとめたものはこちらをご参考ください。

【あつ森】攻略記事のまとめ