エンジニアの将来って?

現在10年目エンジニアがプログラムの解説、ゲームの研究を書く雑記ブログです

【あつ森】博物館の美術品解説のまとめ

switchで発売されたあつまれどうぶつの森では、無人島を発展させていくと博物館という施設を作ることができます。

あつ森の博物館完成

この博物館では、

  • 化石

の3種類しか寄贈できませんでした。
しかし、2020年4月23日の大型アップデートによって

f:id:Tairax:20200501215631p:plain

美術品の寄贈もできるようになりました!
この記事では、美術品の解説をまとめた記事です。

最終更新日:2020年9月8日。

目次から調べたい美術品をお調べください!

f:id:Tairax:20200322172703p:plain

スポンサーリンク

 

いいかんじのめいが

あつ森の博物館のいいかんじのめいがの解説

いいかんじのめいが

あつ森の博物館のいいかんじのめいがの解説

着衣のマハ
フランシスコ・デ・ゴヤ/作
1805年頃 [油彩・キャンバス]

あつ森の博物館のいいかんじのめいがの解説

ゴヤは18世紀後半から19世紀前半にかけて
活躍したスペインの巨匠。

あつ森の博物館のいいかんじのめいがの解説

「着衣のマハ」には「裸のマハ」という対に
なる作品があり、それのカムフラージュの
ために描かれたという説がある。

あつ森の博物館のいいかんじのめいがの解説

「マハ」とは「小粋なマドリッド娘」という
意味の言葉で、人名ではない。

おだやかなめいが

あつ森の博物館のおだやかなめいがの解説

おだやかなめいが

あつ森の博物館のおだやかなめいがの解説

グランド・ジャット島の日曜日の午後
ジョルジュ・スーラ/作
1885年頃 [油彩・キャンバス]

あつ森の博物館のおだやかなめいがの解説

新印象派の創始者であるスーラが、絵の具を
混ぜることなく鮮やかな色を表現するための
技法を発明し、細かい点だけで描いた作品。

あつ森の博物館のおだやかなめいがの解説

フランス、セーヌ川の中にある島で休日を
楽しむ人々のこの光景を描き終わるのに、
2年の歳月を要した。

おちついためいが

あつ森の博物館のおちついためいがの解説

おちついためいが

あつ森の博物館のおちついためいがの解説

牛乳を注ぐ女
ヨハネスブルク・フェルメール/作
1658年頃 [油彩・キャンバス]

あつ森の博物館のおちついためいがの解説

計算された構図や、巧みな光の表現力から
「光の画家」とも呼ばれたフェルメールの、
25歳頃の作品。意外と小さい。

しずみゆくめいが

あつ森の博物館のしずみゆくめいがの解説

しずみゆくめいが

あつ森の博物館のしずみゆくめいがの解説

オフィーリア
ジョン・エヴァレット・ミレイ/作
1852年 [油彩・キャンバス]

あつ森の博物館のしずみゆくめいがの解説

オフィーリアは、シェイクスピアの戯曲
『ハムレット』に登場する悲劇のヒロイン。

あつ森の博物館のしずみゆくめいがの解説

緻密で美しい自然描写の中、正気を失って川
に落ち、生と死の間で見せる彼女の神々しい
までの表情は、観る者の心を引きつける。

すてきなめいが

あつ森の博物館のすてきなめいがの解説

すてきなめいが

あつ森の博物館のすてきなめいがの解説

真珠の耳飾りの少女
ヨハネス・フェルメール/作
1665年頃 [油彩・キャンバス]

あつ森の博物館のすてきなめいがの解説

当時は高価だった絵の具、ウルトラマリンを
惜しみなく使った鮮やかな青色が目をひき、
「青いターバンの少女」とも呼ばれる。

あつ森の博物館のすてきなめいがの解説

そもそも、この耳飾りは真珠ではないという
説もあるらしい。

ちみつなめいが

あつ森の博物館のちみつなめいがの解説

ちみつなめいが

あつ森の博物館のちみつなめいがの解説

紫陽花双鶏図
伊藤若冲/作
18世紀 [絹本着色]

あつ森の博物館のちみつなめいがの解説

江戸時代中期に京都で活躍した奇想の画家、
伊藤若冲による、緻密にしてダイナミック、
色彩鮮やかな鶏の絵。

あつ森の博物館のちみつなめいがの解説

200年以上も前の作品が今もなお色鮮やかな
理由のひとつに、岩絵具や画絹などの画材が
極めて高品質(高価)なことがあげられる。

なぞめいためいが

あつ森の博物館のなぞめいためいがの解説

なぞめいためいが

あつ森の博物館のなぞめいためいがの解説

死の島
アルノルト・ベックリン/作
1883年 [油彩・キャンバス]

あつ森の博物館のなぞめいためいがの解説

鏡のように静かな海に浮かぶ、岸壁に囲まれ
た墓地の島に、遺体を載せた小舟が音もなく
近づく。怖さと安らかさが同居する雰囲気。

あつ森の博物館のなぞめいためいがの解説

見たままを写実的に描くのではなく、目には
見えない人間の内面や観念を、表現しようと
した象徴主義の画家ベックリンの作品。

 

スポンサーリンク

 

うつくしいちょうこく

あつ森の博物館のうつくしいちょうこくの解説

うつくしいちょうこく

あつ森の博物館のうつくしいちょうこくの解説

ミロのヴィーナス
作者不明
紀元前130年頃 [大理石]

あつ森の博物館のうつくしいちょうこくの解説

ミロ島で発見された愛と美の女神ヴィーナス
の像。元はどんなポーズだったのか、人々の
想像をかきたてる美しい彫刻。

てがかりのちょうこく

あつ森の博物館のてがかりのちょうこくの解説

てがかりのちょうこく

あつ森の博物館のてがかりのちょうこくの解説

ロゼッタストーン
作者不明
紀元前196年頃 [花崗閃緑岩]

あつ森の博物館のてがかりのちょうこくの解説

1799年にエジプトのロゼッタで発見された
石板。古代エジプトの神聖文字(象形文字の
一種)を解読するための手がかりとなった。

あつ森の博物館のてがかりのちょうこくの解説

ほぼ同じ文章が上段に神聖文字、中段に民衆
文字、下段にギリシア文字で記されている。

なじみのあるちょうこく

あつ森の博物館のなじみのあるちょうこくの解説

なじみのあるちょうこく

あつ森の博物館のなじみのあるちょうこくの解説

考える人
オーギュスト・ロダン/作
1902年 [ブロンズ]

あつ森の博物館のなじみのあるちょうこくの解説

近代彫刻の父、フランスの彫刻家のロダンの、
あまりにも有名なブロンズ像。

あつ森の博物館のなじみのあるちょうこくの解説

原型はフランスにあり、20体以上が鋳造さ
れて世界各国にあるがどれも本物とされる。
日本では上野と京都に屋外展示されている。

ぼせいあふれるちょうこく

あつ森の博物館のぼせいあふれるちょうこくの解説

ぼせいあふれるちょうこく

あつ森の博物館のぼせいあふれるちょうこくの解説

カピトリーノの雌狼
作者不明
紀元前5世紀頃 [ブロンズ]

あつ森の博物館のぼせいあふれるちょうこくの解説

ローマの伝説にある、双子を育てる狼。双子
は15世紀に後付けされたが、狼のブロンズ像
のほうは紀元前5世紀の歴史的な傑作…

あつ森の博物館のぼせいあふれるちょうこくの解説

と思われていたが、最近の研究で11~12世紀
の像という説が浮上した。(当館での表示は
ひとまず紀元前5世紀頃のままとする)

 

スポンサーリンク

 

まとめ:博物館の美術品の解説を聞いてみよう!

以上が調べられる範囲で調べた博物館の美術品の解説です。

あつ森でのんびりスローライフを満喫しましょう(*'▽')

 

ほかにもあつ森の記事を書いています。
こちらもご参考ください。

【あつ森】博物館に寄贈しているかどうかを確認する方法を解説します

【あつ森】フータの化石解説のまとめ

【あつ森】フータの虫解説のまとめ

【あつ森】フータの魚解説のまとめ

【あつ森】フータの海の幸解説のまとめ

今まで書いたあつ森の記事をまとめたものはこちらをご参考ください。

【あつ森】攻略記事のまとめ